肥土伊知郎(あくといちろー/ベンチャーウィスキー)蒸留所の場所や値段・試飲は?【逆転人生】

こんばんはtakaです。

今回(2020年5月25日)放送の

『逆転人生』は

肥土伊知郎(あくといちろう)さんの登場です。

 

肥土伊知郎さんは埼玉県秩父の

小さな蒸留所で作ったウィスキーで

世界から認められた凄い方です。

 

そのウィスキーセットの競売で

約一億円の過去最高額で落札されたとのこと。

 

そんなウィスキーを作る人が

どのような人なのか気になり調べましたので

一緒に見ていきましょう

 

肥土伊知郎さんのウィスキーの受賞歴などの

すごさについては以下の記事からご覧くださいね

スポンサードリンク

1.肥土伊知郎さんのプロフィールや経歴が凄い!?

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :肥土伊知郎(あくといちろう)

生まれ:1965年

出身 :埼玉県秩父市

最終学歴 :東京農業大学

祖父が創設した東亜酒造で酒造りに対する想いを

無意識のうちに育んできた幼少・青年時代。

誰に薦められたわけでなく、ごく自然に醸造学を専攻し、

“酒造りがしたい”という想いをもって大学卒業後は

「山崎」で有名なサントリーに入社。

だが、希望のであった酒造りは

ウイスキーの技術者には大学院修士課程修了者のみを

採用していたため断念したという経緯があったようです。

そのためサントリーでは営業職を経験。

業績表彰を二回受けるほどの仕事ぶりだったようです。

「本当はものづくりをしたかった」という想いがかなえられるのは

その思いが募っていた29歳の時、東亜酒造の経営が傾き、

父から家業を手伝うよう要請され、それに応える形で実家に戻った後だったようです。

スポンサードリンク

2.肥土伊知郎さんのベンチャーウィスキー社の場所は?

株式会社ベンチャーウイスキーは、

埼玉県秩父市にある、創業者の肥土伊知郎の名を冠した

ウイスキーブランド「イチローズモルト」の

製造・販売を行う企業。

社是:「時とともに成長する」

所在地:埼玉県秩父市みどりが丘49 (東京の北西約100km)

出典:https://www.google.com/

電話番号:0494-62-4601
営業時間:9:00 〜 17:00
休業日:不定期(年末年始・メンテナンスシーズン臨時休業あり)

最寄り駅:秩父鉄道 皆野駅、西武線 西武秩父駅

【電車でお越しの場合】
●皆野駅からタクシーで約15分
●西武秩父駅からタクシーで約20分

設立 :2004年9月

事業内容:「イチローズモルト」の製造・販売

資本金:4100万円 (2005年)

従業員数23名(平均年齢30歳、2020年2月時点)

 

肥土伊知郎さんがご自身の蒸留所を

作るにあたって、その場所に秩父を選んだ理由として、

自らの故郷であり支援してくれる人々がいたこと、

更に肥土家などが江戸時代から日本酒を造ってきた地であり、

酒造りに適した環境であったことだそうです。

というのも蒸留所が建てられた場所は

市街地から車で約30分ほどの小高い丘の上。

夏は高温多湿、冬は朝晩が氷点下にいたる

寒さの厳しい環境です。

しかしこの厳しい環境はウイスキーの熟成に

多大な影響を与えると言われており、

短い熟成期間にも関わらず

フルーティでバランスの良いウイスキーが仕上がっているそうです。

 

またウィスキーベンチャー者の

「時とともに成長する」という社是がとても

恰好良くかんじるのは私だけでしょうか?

 

スポンサードリンク

3.肥土伊知郎さんのウィスキーの種類や値段は?

肥土伊知郎さんの蒸留所では

ウイスキーブランド「イチローズモルト」の

製造・販売を行っています。

そのウィスキーセットがある競売で

約1億円で落札されたと聞けば

飲んでみたくなりますよね~。

でもセットが一億円というと

おいそれと手が出る値段ではないですが

商品/製品の値段や試飲ができるのかなどが気になりますね。

【主な製品】
イチローズモルト モルト&グレーン ホワイトラベル


イチローズモルト モルト&グレーン プレミアムブラックラベル
イチローズモルト ダブルディスティラリーズ


イチローズモルト ワインウッドリザーブ


イチローズモルト ミズナラウッドリザーブ


イチローズモルト Chichibu the First
イチローズモルト The Floor Malted
イチローズモルト The Peated
イチローズモルト 23年
イチローズモルト カードシリーズ
イチローズチョイス シングルグレーン川崎

スポンサードリンク

4.肥土伊知郎さんのウィスキーの試飲は?

秩父蒸留所では

残念ながら見学は一般向けの方には行って

いないそうで、ですのでおそらく試飲も

してないと思います。

ですが、一本を購入するにはなかなか

躊躇するという場合、

また、お酒を扱っている秩父の飲食店では、

イチローズモルトを飲むことができる店が多いので、

秩父を訪れた際には確認してみてください。

イチローズモルトだけ気軽に飲みたい場合は、

西武秩父駅直結の祭の湯のお土産コーナーに入っている

「酒匠屋台」の立ち飲みコーナーがおすすめです。

秩父ウイスキー祭りが行われる秩父神社から

歩いて2~3分ほどの所にある、秩父の酒屋「麻屋商店」。

麻屋商店ではウイスキーを50ml単位で販売してくれます。

量り売りのラインナップの中にはイチローズモルトがあります。

ウイスキーの量り売りをしてくれる秩父の酒屋『麻屋商店』。

所在地: 〒368-0044 埼玉県秩父市本町3−6


時間: 営業中 ⋅ 営業終了: 19:00

電話: 0494-22-2555

営業時間:9:00~18:30
定休日:日曜日
ウイスキー量り売り:火〜土曜日13時より

ただし、イチローズモルトは在庫が必ずあるわけではなく、

量り売りのみ場合もあります。

量り売りや在庫状況等の最新情報は、

麻屋商店のTwitterでお知らせしてくれています。

麻屋twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です