安斉かれんが浜崎あゆみ役に抜擢されたのはなぜ?

こんばんはtakaです。

謎の新人歌手と言われているの安斉かれんさん(20)が

出典:https://www.google.com/

浜崎あゆみさん(41)役で

女優デビューすることになりました。

記事によりますと

浜崎あゆみさんの自伝的小説

「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)が

テレビ朝日で4月から同名で連続ドラマ化

(土曜後11・15)されることが決定。

令和に改元された当日の

昨年5月1日にデビューして以来、

メディアに一切姿を見せていない安斉かれんさんが、

平成の歌姫役でベールを脱ぐことになりそうです。

そんな注目のドラマでいきなり

抜擢された新人歌手がどのような人なのか

興味が湧き調べましたので

一緒に見ていきましょう!

 

 

スポンサードリンク
 

1.安斉かれんさんのプロフィールは

出典:https://www.google.com/

安斉 かれんさんのプロフィールは

プロフィール

名前 :安斉 かれん(あんざい・かれん)

生まれ:1999年(平11)8月15日

出身 :神奈川県藤沢市

身長 :1メートル58

血液型:B型

所属 :エイベックス

歌手デビュー:2019年5月1日

デビュー曲:「世界の全て敵に感じて孤独さえ

愛していた(Prod.by ats-)」


幼い時から音楽が好きで、

父に連れられ初めて見たライブが

ザ・ローリング・ストーンズ。

出典:https://www.google.com/

1960年代前半から現在まで半世紀以上、

1度も解散することなく第一線で活躍を続ける、

ロック界の最高峰に君臨するバンドである。

エアロスミス、プライマル・スクリームやジェット、

日本では萩原健一とテンプターズ、

忌野清志郎とRCサクセション、

鮎川誠、Charなど、

ローリング・ストーンズに影響を受けた

アーティストは数多く存在するほど凄いバンドですね~。

そんな環境に影響を受けたように

中学の時に吹奏楽部に入ってサックスの腕を磨いた

 

スポンサードリンク

2.安斉かれんが抜擢された作品はどんなの?

安斉かれんさんが今回、

抜擢された作品は連続ドラマ。

テレビ朝日で4月から同名で

連続ドラマ化(土曜後11・15)されることが決定されたもの。

ドラマの原作は浜崎の自伝的小説

「M 愛すべき人がいて」(幻冬舎)。

 

 

ドラマの原作は、浜崎が音楽プロデューサーで

育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(55)

との交際を初告白した“激白小説”。

歌姫・浜崎あゆみが誕生するまで、

そしてそこに秘められた

出会いと別れを描いた同名小説

 

秘められた恋の告白は話題を呼び、

発行部数16万部と大ヒット。

反響を受けて映像化のオファーが相次いでいたもの。

 

確かに浜崎あゆみさんの自伝的小説と

いうだけでも十分話題性はありますし、

しかも

「育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(55)

との交際を初告白した“激白小説”。」

と書いてあれば、興味を惹かないわけがない

という感じですよね。

 

安斉かれんさんも原作を読んだそうで、

その感想は

「根性を感じました。

あゆさんってすごいなって思いました。」

 

スポンサードリンク

3.安斉かれんさんが浜崎あゆみさん役に抜擢されたのはなぜ?

そんな超話題作であれば、

制作側としてはもちろん、期待も大きいことは

承知しているはずで、その期待に応えようと

役者さん選びにもいつも以上に慎重になりそうな

気がします。

ですので、皆が納得するような演技力を持った

役者さんとかではないかと思われます。

 

しかし、今回中心人物の二人のうちの一人である

松浦会長役としてダブル主演する三浦翔平は

2011年に第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を

受賞した経歴もある役者さんということで

世間から評価されていると思われます。

しかし、もう一人の中心人物である

浜崎あゆみさん役として演じる役者さんは

三浦翔平さんと引けを取らないくらい注目されると

通常考えられます。

その役に、演技初挑戦、昨年2019年5月デビュー以来

メディアに一切姿を見せていない安斉かれんさんが

選ばれるということは、「なぜ?」という

疑問が湧くと思います。

デビュー前の安斉かれんさんのことが気になった方は

以下のサイトをご覧ください

 

ご本人も選ばれたとき

「びっくりしたのと、正直私でいいの?と思いました。

今は頑張らなくちゃって思っています。」

安斉かれんさんを選んだ側の方の意見は

その話題作に演技初挑戦の安斉を

起用したことについて制作側は

その瞳の力強さを見た時に、

この方にかけてみようと思いました」と説明。

「ドラマは平成の歌姫誕生物語ですが、

撮影は安斉かれんの成長物語、リアル歌姫誕生の物語。

いわばドキュメンタリーだとも思っています」と期待した

スポンサードリンク

4.安斉かれんさんの抜擢への世間の反応は?

安斉かれんさんの所属が「エイベックス」であること。

そして過去のエイベックスさんの期待したタレントのプロモーションの

仕方(デビュー時にあまりにも宣伝が今までなかったこと)などがあります。

それらのことから安斉かれんさんが

『エイベックス』が大きな期待を寄せている

大型新人と言われていることなどから

プロモーションの一環として、デビュー時ではなく、

このタイミングでの売り出しを考えてたのでは?

と考えられてる風潮がありますね。

また浜崎あゆみさんの自伝自体もそのプロモーションのための

一環では?

とみる声など、

エイベックスさんのプロモーションとみる方が多いように

感じられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です