「沼にハマってきいてみた」に出演のたくと君は盆栽の天才?きっかけや学校・師匠が凄い!?

こんにちはtakaです。

今回(2019年7月31日)の

「沼にハマってきいてみた」では

「盆栽」がテーマとして取り上げられます。

 

盆栽のイメージは40、50歳以上の

年齢になって、その良さが分かる

物で、趣味とされる方も

それくらいの年齢の方が多いと

勝手に思ってましたが、

意外や、今は10代にもウケているとか

今回の主役のたくと君も10代

なにがきっかけでハマったのか

調べてみましたので

一緒に見ていきましょう

 

スポンサードリンク
 

1.たくとくんのプロフィール

 

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :東山拓仁(ひがしやま たくと)

出身地:さいたま市

生まれ:16歳

所属 :東京都立園芸高校(盆栽部)

東京都立園芸高校には盆栽部がある。

5億円とも言われる徳川家光愛用の盆栽を代々管理している。

プロフィールの写真はテレビ番組出演中の

写真ですが、その写真で見ると

高校一年?と思えないくらい

落ち着きのある表情をされてるように見えますね。

 

2.たくと君と盆栽のきっかけは?

最近は10代でも盆栽にハマる人が

いると聞きますが、それでも

なかなか普段の生活で盆栽に

関わる機会はあまり無いように思います。

それはたくと君も同様と思うのですが

たくと君と盆栽のきっかけは

大宮にある盆栽美術館だったようです。

さいたま市大宮盆栽美術館

〒331-0804埼玉県さいたま市北区土呂町2-24-3

電話:048-780-2091

FAX:048-668-2323

HP:http://www.bonsai-art-museum.jp

電車利用

JR宇都宮線「土呂駅」下車 東口より徒歩5分

東武アーバンパークライン「大宮公園駅」下車 徒歩10分

その美術館で見た盆栽の美しさに魅了され

出典:http://www.bonsai-art-museum.jp/

どっぷりハマって今では有名な盆栽家に

弟子入りして修行するまでに

なったそうです。

ご家族に連れていかれたのか、

なぜこの美術館に行ったのかまでは

分かりませんでした。

しかし、お住まいが「大宮」であることや

「盆栽の聖地」としても有名な「大宮盆栽美術館」

を訪れたことなどからも、ある意味運命的な

感じがしますね。

スポンサードリンク

3.たくとくんは盆栽の天才?

2018年埼玉県にあるさいたまスーパーアリーナで

「世界盆栽大会」開催されました.

この大会は、4年に1度開催されるということで

オリンピックのような大会ですが、

日本で開催されるのは28年ぶりなんだそうです。

なんとこの世界盆栽大会に、東山くんも参加されました。

盆栽は長年の経験などがものを言う世界と思ってました

世界大会に出るほどということなので、まだ高校一年生にも

関わらず、天才の呼び声高いことから

かなり小さいころから盆栽に触れる環境にあったなどの

特殊な環境に育ったのかなと思ってました。

しかし12歳の頃に美術館で盆栽に衝撃を受けてから

始めたということですので、盆栽歴はまだ3~4年ほど

にもかかわらず近所の主婦を集めて自宅で月に数回程度、

盆栽クラブを開いて自宅で盆栽クラブを主催するほどの盆栽通。

しかも先ほど述べた世界大会にまで参加するほど。

凄い。

お小遣いをためて2万円もする専用ジョウロまで買ったりするなど

こうと決めたらまっしぐらに集中して進むところに

この短期間で実力をつけた秘密があるのでしょうか?

 

4.たくとくんと学校や師匠は!?

東山くんの師匠である「木村正彦」先生

プロフィール

名前  :木村正彦(きむら まさひこ)

生年月日:1940年3月31日

年齢  :78歳

出身  :埼玉県さいたま市大宮区

職業  :盆栽作家

肩書  :日本盆栽協会 常任理事

盆栽界では「盆栽の神様」とも呼ばれる方だそうです。

出典:https://www.google.com/

大宮美術館の入り口にも飾られていたとか

 

5.たくと君の今後

盆栽は目利きが非常に大事と考えますが、

盆栽を始めるにあたり、その世界弟で

トップの方の弟子になる、わずか10代にして

その選別眼と迷いない行動や

そしてこの年齢にして、テレビ出演し

マツコさんをして、

「盆栽よりあなたのことが知りたくなった」

と言わしめる個性!

将来が非常に楽しみな少年ですね。

今後の活躍を期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です