人生の楽園の奥能登うどん・のんち(石川県珠洲市)の場所・メニューや評判は?

こんにちはtakaです。

今週もお待ちかねの番組「人生の楽園」の

時間がやってきましたね。

しかし時の経つのは早いもので、

もう5月も終わりなんですね~!?

それにしても早すぎませんか(^ ^;?

 

毎週、どんな素敵な方々が出られるのか

非常に楽しみで自分もこんな風に

過ごしたいな~と妄想にふけることができる

素敵な番組のお時間ですよね~。

 

さて今回(2020年5月30日)放送の

「人生の楽園」は過去放送した中から

もう一度会いたい楽園の主人公シリーズ

その第二弾ですね。

今回は二組のご家族のご紹介です。

石川県珠洲市で2011年に紹介されました

うどん店を営む方のお話しです。

 

 

いつも気になるサブタイトルは今回は

~奥能登 うどん屋開店記 ~

 

とても興味が湧きましたね。

どのようなところなのか調べましたので

一緒に見ていきましょう!

 

今回の家族で育む 美ら島の黄金芋

営む方に負けない幸せそうなご夫婦が

ご家族が笑顔たっぷりの第二の人生でお届けする

絶景・絶品の様々な楽園の記事もありますので、

よろしければご覧ください。


 

 

スポンサードリンク
 

1.石川県珠洲市の家族で育む 「うどん・のんち」の場所・料金は?

さて、今回の主人公の

尾間谷一彦さんと、妻の悦子さん

が営まれている「うどん・のんち」です。

 

まずは今回の物語の主人公のお二人のお写真から

出典:https://www.google.com/

優しそうな笑顔が素敵ですよね~。

 

そんな素敵な笑顔の尾間谷一彦さんと、妻の悦子さん

が営まれている「うどん・のんち」

の情報は以下の通りです。

 

いつもながら人生の楽園に登場される方は

笑顔が素敵な素晴らしい方がたくさん出演され

さすが「人生の楽園」と題する

番組に出るだけはあるなぁとうらやましく思います。

 

さて、そんな前置きはさておき、

本題のお店の情報に参りましょう!

 

店名:うどん・のんち

場所:〒927-1213 石川県珠洲市野々江町シ 部20−1

電話: 0768-82-6105

営業時間:11:00~14:00
(木曜のみ 18:00~20:00)

定休日

月曜、金曜(※祝日の場合は翌日定休)

出典:https://www.google.com/

外観も店内も素敵な感じですね~。

と思ったら照明などの

コーディネートは

萩野アトリエさん」に頼まれたんですね~。

こだわりが凄いですね~

 

そもそも尾間谷一彦さんと、妻の悦子さんが

石川県珠洲市で

うどん・のんちを営もうと考えたのきっかけなどは

どのようなことなんでしょうか?

スポンサードリンク

2.尾間谷一彦さんと、妻の悦子さんが石川県珠洲市で「うどん・のんち」を営む理由は?

珠洲市で生まれ育った一彦さん、地元の工場に勤めていました。

珠洲市に大きな変化があったのは

2005年、一彦さん43歳の時。

市民の足である「のと鉄道能登線」が廃止となったのです。

過疎が進む珠洲市。「生まれ育った街を元気にしたい」と、

一彦さんは地域の人たちと交流できる

うどん屋の開業を決意しました。

飲食店経験の無い一彦さんは、

うどんの本場・香川県へ修業に行く事に。

そんな夫を妻の悦子さん(49歳)は笑顔で送り出しました。

家族の応援を支えに修業を終え、

帰郷後は店舗建築にも自ら参加。

地元の仲間達の助けもあり、遂にオープンの日を迎える事に

 

このような素敵な第二の人生を一緒に歩める

仲間たちに出会えたことに、私は非常な憧れを抱きますね~(泣


50歳くらいになりますと、「のんびり暮らしたい」

『地元に貢献したい』と思う人が多くみられるように感じますね。

最近、私もなんとなくその気持ちが分かるような気がしてきました。

 

そんな尾間谷一彦さんと、妻の悦子さんが

営むうどん・のんちさんがどのようなところか気になりますね。

しかも以前の放送のときからさらにパワーアップした部分もあるとのこと

楽しみですよね~。

スポンサードリンク

3.石川県珠洲市のうどん・のんちさんのメニュー・料金は?

尾間谷一彦さんと、妻の悦子さんが営む

「うどん・のんち」さんで扱うメニューは

以下の通りです。

出典:https://www.google.com/

 

スポンサードリンク

4. 石川県珠洲市のうどん・のんちさんのの評判は?

尾間谷一彦さんと、妻の悦子さんが営む

うどん・のんちさんの評判が気になりますね~。

グーグルの評価では3.3(5段階評価で)と

高評価ですね~。

 

珠洲で本格的な讃岐うどんはここしかない

麺が終われば終了という、

商売っけのないうどん屋さん。
御主人は人生の楽園にも紹介されていた通り、

脱サラ?して単身讃岐うどんを勉強しに四国に行かれ、

こちらのお店を開業された方。
スマートで優しいお父さんという感じの

一見寡黙な方ですが、お話するととても面白い方です。
テレビに出ていた有名店だけあって、

いつも6台ほど停められる駐車場はいっぱい。
県外や金沢ナンバーの車が多いように感じます。
なぜそのようなことを知っているかというと、

何回かいっぱいで中に入れなかったことがあり、

何度か空振りしているからです(笑)
でも、運が良ければ空いていて、

落ち着いて食べることができます。
席につくと、冷たいお水と手拭い?

のようなおしぼりが出されます。
うどんの器は珠洲焼。二本松窯というところで

焼かれた器だそうです。
人気だというかきあげうどんも、

日によっては売り切れていることもあります。
カレーうどんがおすすめという方もいらっしゃいますが、

こちらのこだわりのうどんの麺を味わうなら、

ぜひカレーうどんを避けて食していただきたいもの。
有名どころの○亀製○さんのうどんの麺を想像して、

讃岐うどんという感覚で食べたなら、コシは少し弱く、麺も細いです。
○亀製○さんの麺よりは、優しいかんじ。
でもお出汁もおいしいし、

私はかきあげうどんを注文したのですが、

かきあげのほくほくのお野菜もおいしいし、

添えられている大根おろしとおろし生姜がとても良かったです。
また今度運よく席につけた日は、

カレーうどんも食べてみたいなと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございます

今回の尾間谷一彦さんと、妻の悦子さん

に負けない幸せそうな方々が

ご家族が笑顔たっぷりの第二の人生でお届けする

絶景・絶品の様々な楽園の記事もありますので、

よろしければご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です