人生の楽園の長野県伊那市の雑貨店「グリーンゲイブルズ」の場所・商品や評判は?

こんにちはtakaです。

今週もお待ちかねの番組「人生の楽園」の

時間がやってきましたね。

しかし時の経つのは早いもので、

もう6月も終わりなんですね~!?

それにしても早すぎませんか(^ ^;?

 

毎週、どんな素敵な方々が出られるのか

非常に楽しみで自分もこんな風に

過ごしたいな~と妄想にふけることができる

素敵な番組のお時間ですよね~。

 

さて今回(2020年6月27日)放送の

「人生の楽園」は過去放送した中から

もう一度会いたい楽園の主人公シリーズですね。

今回は二組のご家族のご紹介です。

長野県伊那市で2017年に紹介されました

雑貨店「グリーンゲイブルズ」を営む方のお話しです。

 

 

いつも気になるサブタイトルは今回は

~ 小さな懐かし商店街  ~

 

とても興味が湧きましたね。

どのようなところなのか調べましたので

一緒に見ていきましょう!

 

今回の家族で育む 雑貨店「グリーンゲイブルズ」

営む方に負けない幸せそうなご夫婦が

ご家族が笑顔たっぷりの第二の人生でお届けする

絶景・絶品の様々な楽園の記事もありますので、

よろしければご覧ください。


 

 

スポンサードリンク
 

1.雑貨店「グリーンゲイブルズ」(長野県伊那市の場所は?

さて、今回の主人公の

小平和夫さん(63歳)と妻の伸子さん(68歳)

が営まれている 雑貨店「グリーンゲイブルズ」です。

 

まずは今回の物語の主人公のお二人のお写真から

出典:https://www.google.com/

優しそうな笑顔が素敵ですよね~。

 

そんな素敵な笑顔の

小平和夫さんと妻の伸子さん

が営まれている 雑貨店「グリーンゲイブルズ」

の情報は以下の通りです。

 

いつもながら人生の楽園に登場される方は

笑顔が素敵な素晴らしい方がたくさん出演され

さすが「人生の楽園」と題する

番組に出るだけはあるなぁとうらやましく思います。

 

さて、そんな前置きはさておき、

本題のお店の情報に参りましょう!

 

店名: 雑貨店「グリーンゲイブルズ」

場所:〒396-0025 長野県伊那市荒井4331−7

電話:0265-98-8640

定休日:不定休

出典:https://www.google.com/

ご夫婦二人向き合って、お仕事されてる

姿がほほえましいですね~。

お休みは不定休とのことですので

お店に行かれる方は

事前に確認された方がよろしいかと思います。

 

そもそも小平和夫さんと妻の伸子さんが

長野県伊那市

雑貨店「グリーンゲイブルズ」を営もうと考えたのきっかけなどは

どのようなことなんでしょうか?

スポンサードリンク

2.小平和夫さんと妻の伸子さんが長野県伊那市で雑貨店「グリーンゲイブルズ」を営む理由は?

長野県出身の和夫さんは大学を卒業後、

伊那市で小学校の教師になりました。

赴任先で、先輩教師の伸子さんと出会い26歳で結婚。

 

2人の子どもを共働きで育てました。

ご夫婦は定年後、趣味を生かして暮らしたいと考え、

自宅近くに小さな家を建てました。

 

そこで伸子さんが好きだったアンティーク雑貨や、

夫婦の手作り小物を置いた店を始めようと準備を進め、

2012年8月に雑貨店「グリーンゲイブルズ」をオープンします。

 

3年前、和夫さんは地元で開かれたトールペイント講座を受講。

その技術を生かして、地元の商店街、「通り町商店街」の

店舗をミニチュアで作ってみることに。

商店街の古き良き看板建築にどんどん惹かれていった和夫さんは、

今も商店街を作り続けています。

 

ご夫婦それぞれお好きなことを

定年後に始められ、一緒にできるって

素晴らしいですよね~。

 

このような素敵な第二の人生を一緒に歩める

仲間たちに出会えたことに、私は非常な憧れを抱きますね~(泣


50歳くらいになりますと、「のんびり暮らしたい」

『地元に貢献したい』と思う人が多くみられるように感じますね。

最近、私もなんとなくその気持ちが分かるような気がしてきました。

 

そんな小平和夫さんと妻の伸子さんが営む

長野県伊那市で雑貨店「グリーンゲイブルズ」がどのようなところか気になりますね。

 

スポンサードリンク

3.小平和夫さんと妻の伸子さんが営む雑貨店「グリーンゲイブルズ」商品・評判は?

小平和夫さんと妻の伸子さんが営む

雑貨店「グリーンゲイブルズ」商品・評判は

どのような感じなのでしょうか?

出典:https://www.google.com/

店内にはご夫婦が手作りした小物や、

伸子さんのお姉さんが作った

可愛らしいシャツやエプロンが並んでいます。

値段は:エプロン:3,500円~

魔女のオーナメント:3,000円~

またご主人の小平和夫さんが

作られるミニチュアですが

出典:https://www.google.com/

以前(2017年放送時)には

「通り町商店街」。1丁目は、あと1軒で完全制覇です。

残るは店構えが気に入っている「一富士精肉店」のみ

だったようですが、さすがに完成しているでしょうね。

小平和夫さんがミニチュアを作られるときは

店の歴史を聞き、気持ちを込めて細かなところまで

店舗を再現するこだわりようだそうです。

そこまでの拘りをもって作成するので、作ってもらった側も

出来上がった作品を持参して見て頂くと、

「細かいところまで作っていただいて」

と感激してくれました。

和夫さんも満足した様子です。

残念ながらミニチュアは非売品だそうです。

 

またこのお店では小物などの販売だけでなく

ご近所の方々との触れ合いの機会としても

設けられています。

出典:https://www.google.com/

ご夫婦が8年かけて造り上げてきたバラ園に皆さんにご覧いただいてます。

出典:https://www.google.com/

雑貨店「グリーンゲイブルズ」では、

ハンドメイドの商品も販売しています。

その商品を製作するのがお店の奥にある工房。

二人で協力し、商品を作っています。

和夫さんのミニチュアもここで製作。

商店街を作り始めたきっかけは

なんと伸子さんのリクエストだったそうです。

仕上げは伸子さんも手伝ってくれます。

第二の人生を夫婦協力しあって

作成してけるものがあるっていいですね~。

ミニチュアやバラ園を見ていただいた方々からは

「細かいところまで作っていただいて」

と感激してくれました。和夫さんも満足した様子です。

薔薇園を見た皆さんからは

「素敵」「いい匂いがする」

と好評のようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です