ロッサ・ビエント(人生の楽園の新潟県胎内市のはさがけ米)の場所・メニュー、価格や評判は?

こんにちはtakaです。

今週もお待ちかねの番組「人生の楽園」の

時間がやってきましたね。

毎週、どんな素敵な方々が出られるのか

非常に楽しみで自分もこんな風に

過ごしたいな~と妄想にふけれる

時間ですね。

 

今年も早いもので11月、霜月ですね~

毎回、予告のところに毎月の異称を

見てそういう呼び方もあったな~と

思い出すのも楽しみです。

なぜ11月を霜月というのかということに関しては

もっとも有力だとされている説は

「霜降り月、霜降月(しもふりつき)が

省略されて「霜月(しもつき)」に転じたというものです。

現代では霜が降りるには少し時期的に早い気もしますが

この異名が付いた当時は霜が降りていたのかもしれませんね。

今回(2019年11月9日)放送の

「人生の楽園」では、

新潟県胎内市にある『ロッサ・ビエント』さんです。

サブタイトルにつけられてる

~  天日干し米のおむすび食堂  ~

という名前からも放送見る前から

素敵な妄想が勝手に広がっていきそうな

感じですよね。太陽の恵みいっぱいの

最近味わっていない、家庭の味、

暖かそうなイメージのするご飯が

お腹いっぱい食べられそうな食堂ですよね~。

 

どのようなところなのか調べましたので

一緒に見ていきましょう!

 

今回のロッサ・ビエントさんに負けない幸せそうな方が

ご家族が笑顔たっぷりの第二の人生でお届けする

絶景・絶品の様々な楽園の記事もありますので、

よろしければご覧ください。

スポンサードリンク
 

1.『ロッサ・ビエント』の場所や営業時間は?

緒形文一さん(70歳)と、妻の貞子さん(66歳)のお二人が

オープンさせました、『ロッサ・ビエント』さん

の場所などの情報です

いつもながら人生の楽園に登場される

方は笑顔が素敵な素晴らしい方が

多くさすが「人生の楽園」と題する

番組に出るだけはあるなぁとうらやましく思います。

 

店名:農家キッチン『ロッサ・ビエント』

所在地:〒959-2614 新潟県胎内市平木田1366−3

アクセス:平木田駅から608m

TEL:0254-20-7127

 

お店外観

店内の様子

出典:https://tabelog.com/

 

営業時間:11:00~17:00(ラストオーダー16:30)

休み:水・木曜

ロッサ・ビエントというお名前は

ロッサ=薔薇  ビエント=風 という意味なんですって

店内の雰囲気がまるで自宅に帰ってきたような

リラックスできる感じで良いですね~

そもそもなぜ新潟県胎内市で

農家キッチン『ロッサ・ビエント』のお店をと

考えたのでしょうか?

 

2.『ロッサ・ビエント』が新潟県胎内市で営む理由は?

共働きの緒形文一さんと妻の貞子さん(66歳)ご夫婦は、

文一さんの実家の米作りを手伝いながら

3人の子供を育てました。

熱心に米作りを続ける姿を見て、

文一さんに田んぼを託したいという農家が次々と現れます。

2007年、文一さんは地域の田んぼを

管理する農業生産法人を設立。

そして米作りを多くの人に知ってもらいたいと、

田植えや稲刈りの農業体験も始め「はさがけ米」を作ります。

参加者の昼食は貞子さんが担当。

郷土料理中心のおかずを心がけて提供すると大好評に。

これがきっかけで

2014年、貞子さんは自宅から5分の場所に

農家キッチン『ロッサ・ビエント』をオープンしました。

このような素敵な生活を一緒に歩める

相手やパートナーがいることに非常な憧れを抱きますね~(泣


定年退職が近づくと、「のんびり暮らしたい」、「第二の人生で何をする?」

『地元に貢献したい』と思う人が多くみられるように感じますね。

最近、私もなんとなくその気持ちが分かるような気がしてきました。

 

そんな緒形文一さん(70歳)と、妻の貞子さん(66歳)

考えたお店のメニューがどのような物か気になりますね

スポンサードリンク
 

3.『ロッサ・ビエント』のメニューや価格は?

『ロッサ・ビエント』は

~天日干し米のおむすび食堂~が魅力のお店です。

お米作りを多くの人に知ってもらいたいと

田植えや稲刈りなどの農業体験を始め

そこで作った「はさがけ米」を

美味しく味わってもらえるよう塩むすびで

提供するというお考えのもとに始められたお店。

ちなみにはさかけ米とは

「 自然乾燥米」です。地域によって呼び名が違うようです

出典:http://www.niigata-kome.jp/

新潟県には「稲架木(はさぎ)」

というものがあります。
田んぼの横に直線状に木を植え、並木にし、

その木の下枝を払い、木と木の間に横木を渡して、

そこに稲を干します。

新潟の田園風景のシンボルとも言えるものですが、

この稲架木に掛けて稲を干すので、

「はさ掛け、はさかけ、はさがけ」と呼ばれています。

では、具体的にどのようなメニュー、特徴は

価格設定になっているのでしょうか?

『ロッサ・ビエント』の営業は水曜・木曜以外。

 

出典:https://tabelog.com/

スポンサードリンク

4.『ロッサ・ビエント』さんの評判・口コミは?

そのような『ロッサ・ビエント』さんの口コミ・評判は?

口コミを以下に記載します。

ずいぶん洒落た名前の農家キッチンですね。
ロッサ=薔薇  ビエント=風 という意味なんですって。

まだ、新しい建物。
メニューを見ていたら、

農業生産法人(株)ソル・グランハ胎内の

アンテナショップだと書いてありました。
レストランだけでなく、

小物のようなものからお米まで販売していました。

平日のランチメニューは塩むすびプレート

(おむすび2個と小鉢等)とパエリア農家風セットの2種類です。
私はパエリア農家風セットを注文。

小さなグラスに入った透明な液体。

ガムシロップのはずはないし・・?
自家製のビネガードリンクでした。

たっぷりサラダと具沢山のお味噌汁。
小鉢はワラビ、えのき、たけのこ、

人参の煮しめ風。シャキシャキとした食感。

針生姜が味のアクセントになっていました。

パエリアは自家農場のコシヒカリを特製スープで炊き込んだもの。
あさりのむき身、しいたけ、エリンギが炊き込まれていて、

黒豆、ボイルしたエビ、焼いたミニトマト、

ピーマン、パプリカ等が彩りも美しくトッピングされていました。
こういうパエリアもあり!ですね。

食後にはホットコーヒーか紅茶が選択できます。
コーヒーは豆を挽くところから、丁寧に淹れてくれます。
おまけにお代わりまで勧めてくださいました。

ボリューム満点、サービス満点の、

胎内Mammaのまんま(ご飯)でした。
ごちそうさまでした。

 

今後もいつまでもみんなが気軽に集える

ロッサ・ビエントを続けていってほしいですね~。

 

最後までお読みいただきありがとうございます

今回のロッサ・ビエントさんに負けない幸せそうなご夫婦が

ご家族が笑顔たっぷりの第二の人生でお届けする

絶景・絶品の様々な楽園の記事もありますので、

よろしければご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です