ガイアの夜明けの10万円のバブル物件のリゾートマンションはどこ?ほんとにお買い得なの?

こんばんはtakaです。

今回(2020年11月17日)放送の

ガイアの夜明けのテーマは

【コロナで変わる町と暮らし】です。

 

コロナ禍で「住む場所」や「家」に対する

価値観が大きく変わり始めているようですね。

 

そしてわざわざ会社に出社することなく、

自宅で仕事をする「リモートワーク」が増えたことで、

郊外の中古マンションを購入して、

書斎付きの部屋にリノベーションする人々が急増。

 

バブル時代の“負の遺産”とされた

地方のリゾートマンションを格安で購入し、

「ワーケーション」に活用しようという動きも出てきた。

コロナをきっかけに、地方への移住を考える人も増えている

そんな中「10万円で家が買える!?あの“バブル物件”に再脚光」

との気になるサブタイトルが。

そんなお値段でマンションが手に入るのであれば

興味が湧いてきますよね~。

ということで調べてみました。

スポンサードリンク

1.10万円で購入できるバブル物件のマンションの場所はどこ?

10万円で家が買える!?あの“バブル物件”に再脚光

…コロナで激変する町!という気になるタイトルに惹かれて

調べてみました。

手がかりは番組の事前予告動画のみ。

出典:https://www.google.com/

「ランパーツ中里」という文字と

雪景色の写真が・・・?

バブル時代の“負の遺産”とされた

地方の「リゾートマンション」とありますが

冬のリゾート、スキー、スノボー用か?

画像を拡大してみますと

「南魚沼郡」との文字が

それらの情報からしますと

どうやら新潟県のようですね。

調べてみますと確かにありました。

出典:https://sumaity.com/

部屋によって多少価格に差がありますが

10万円から60万円で販売しているマンションが !!

しかも大浴場や屋内温泉プールもついてるようです。

信じられない価格ですよね~。

スポンサードリンク

2.なぜこんなに安いの?ほんとにお買い得なの?

普通、マンションと言えば、数千万円とかの

タワマンなどやはり高い物件をイメージしてしまいがちですが、

なぜ、こんなに安いのでしょうか?

安いのは嬉しいですが、何かあるのではないかと

勘ぐってしまいますよね~。

詳細を見ると築30年など築年数が経っているものが

見られますが、それでもそれなりのマンションの場合

お値段もそれなりのような気がします。

今回のようなリゾートマンションはいわゆる

バブル期には非常に高騰した物件だったようですが

バブルがはじけたあとは、なかなか買い手が

つかない状態のようで、値段も下がったのではと思われます。

普通ならそのまま、買い手がつかないままになっているかもしれなかった

ところが最近のコロナ渦で「住む場所」や「家」に対する

価値観が大きく変わり始めている。

自宅で仕事をする「リモートワーク」が増えたことで、

郊外の中古マンションを購入して、

書斎付きの部屋にリノベーションする人々が急増。

バブル時代の“負の遺産”とされた地方のリゾートマンションを格安で購入し、

「ワーケーション」に活用しようという動きも出てきた。

コロナをきっかけに、地方への移住を考える人も増えている

このような環境の変化でバブル期のマンションが

再び脚光を浴びることになったようです。

世の中どう転がるか分かりませんね~。

スポンサードリンク

3.ほんとにお買い得なの?

マンション自体の価格が下がった理由などは

何となく分かったような気がしましたが

ほんとうにお買い得なのでしょうか?

一見して「格安だ」と思えるリゾートマンションは、

実は結構多いです。大手不動産紹介サイトをのぞいてみると、

群馬県、長野県、静岡県、新潟県など、

温泉施設やスキー場が近くにある地域で

100万円以内の物件がゴロゴロしています。

今回紹介される物件に関しては

詳細は分かりませんが、一般的な話しとして情報を探してみました。

 

バブル期のリゾートマンションに多い傾向として、

サウナ、大浴場など充実した共用施設が挙げられます。

こうした共用施設の運営費は、管理費として毎月請求されます。

設備が豪華であればあるほど管理に手間がかかるため、

その分、所有者の負担がかさみます。

加えて、築30年ほど建つと、大規模な修繕も必要になります。

その費用は所有者それぞれが修繕積立金として

積み立ててきたお金の中から賄われますが、

施設が充実しているだけに、決して安くはありません。

その結果、マンション価格自体は安いのにもかかわらず、

年間50万円を超えるような高額の維持費が必要な物件も散見されます。

など物件自体の価格以外にも

ランニングコストやそれらが滞納された場合には

買い手が背負うリスクなどもどうなるか確認したうえで

購入すべきかどうかを考えた方が良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です