橋田壽賀子のサラメシは鉄板焼き「ステーキハウスはまだ」(熱海)場所メニュー評判は?

こんばんはtakaです。

サラメシの有名人の愛したサラメシシリーズ

今回は「おしん」など、国民的ドラマを

生み出した脚本家の「橋田壽賀子」さん。

 

昨年(2021年に)惜しまれながら

亡くなられた橋田壽賀子さんが愛した

サラメシが取り上げられます。

 

興味があり当時の様子なども調べてみましたので

一緒に見ていきましょう

以前放送された、他の芸能人の方の

お気に入りのお店や美人さんのサラメシなど

素敵なサラメシがたくさん

いろんな場所で様々な素敵なサラメシが

今日も食べられているということが分かりますね

1.橋田壽賀子さん のプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :橋田壽賀子(はしだ すがこ)

本名 :岩崎 壽賀子(いわさき すがこ)

旧姓 :橋田

生まれ:1925年5月10日

出生時:朝鮮・京城

職業 :脚本家、劇作家、タレント

学校 :大阪府立堺高等女學校

日本女子大学文学部国文学科卒業

受賞歴 :

NHK放送文化大賞:1979年(昭和54年)

菊池寛賞:1984年(昭和59年)

モンブラン国際文化大賞:2000年(平成12年)など

代表作:テレビドラマ

『おんな太閤記』
『おしん[2]』
『いのち』
『橋田壽賀子ドラマ おんなは一生懸命』
『春日局』
『なるようになるさ。』シリーズなど

その他受賞等

「橋田賞」創設者
紫綬褒章:1988年(昭和63年)、
勲三等瑞宝章:2004年(平成16年)、
文化功労者:2015年(平成27年)、
文化勲章:2020年(令和2年)、
従三位:2021年(令和3年)、
熱海市名誉市民:2021年(令和3年)

「おしん」など数々の国民的ドラマを生み出した、

脚本家の橋田壽賀子さん。

その功績で受賞歴もスゴイですが

「名誉熱海市民」も受賞されてたほど

熱海とは繋がりが強いのですね

スポンサードリンク

2. 橋田壽賀子さんのサラメシの熱海の鉄板焼き「ステーキハウスはまだ」場所・アクセス・営業時間は?

そんな熱海と縁の深い橋田壽賀子さん。

今回そんな橋田壽賀子さんが40年間も通った

なじみのお店鉄板焼き「ステーキハウスはまだ」の情報は以下の通りです。

 

店名:「ステーキハウスはまだ」

所在地:静岡県熱海市中央町14-7

電話番号: 0557-81-5615(予約可)

アクセス:

熱海駅・来宮駅からタクシー「ハンディー裏のステーキはまだ」で大抵わかる

来宮駅から755m

 

営業時間

11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~21:30(L.O.20:30)

定休日:水曜日


外観

店内の様子

出典:https://www.google.com/

馴染みの店ということと著名人ということで

店内に橋田壽賀子さんの色紙が

飾られていますね

 

スポンサードリンク

 

3. 橋田壽賀子のサラメシは鉄板焼き「ステーキハウスはまだ」メニューや評判は?

橋田壽賀子さんが約40年も通ったサラメシの

鉄板焼き「ステーキハウスはまだ」

予算的には、口コミ集計ですが

夜¥10,000~¥14,999

昼¥6,000~¥7,999

(カード可:(JCB、AMEX、Diners))

コースは

特製和牛ステーキコース:9350円/人

本日のおまかせ 海鮮焼きコース:5280円/人

活アワビコース:11,880円/人

おまかせ(海鮮&ステーキ)コース:8250円/人

ランチメニュー

4200円のサーロインステーキ

出典:https://www.google.com/

「ステーキハウスはまだ」では

もちろんいろんな食材もこだわりがあるようですが

提供している材料の一部には

橋田壽賀子さんの畑で収穫されたものが使われるなど

深い縁があるようですね。

スポンサードリンク

 

4.橋田壽賀子さんのサラメシは鉄板焼き「ステーキハウスはまだ」の評判は?

そんな深い縁のある「ステーキハウスはまだ」の評判が

気になるところ。

口コミ評判を一つご紹介させていただきます。

 

ラスト熱海で色んな想いの贅沢ランチ!

熱海単身赴任最後の日。

朝から引越し業者らがバタバタ入れ替わり立ち代わり。

遅い昼にようやく目処が立ちランチ。

仕事で一番思い入れのあるエリアにあるステーキ屋さんを初利用。

熱海にお住まいの橋田寿賀子先生らも

よく利用される有名なお店です。

今日は恐らく最初で最後になるだろうからと考え、

贅沢にステーキはサーロインでおまかせランチを頂いた。

サーモンと冷しゃぶの前菜からはじまり、

蟹入りシーフードグラタン、

キチンと湯むきされているミニトマトのサラダ、

メインは蟹身焼きと分厚い帆立貝柱をレアに焼いたもの。

とサーロインステーキ。

サーロインは付け合わせのズッキーニと赤パプリカ、

インゲン豆で。サーロインの肉質も申し分ない。

600円追加してガーリックライスにしてもらった。

ガーリックライスも不必要な塩味はなく、

サーロインを食す時に使用した塩とガーリックを少し足して食べた。

ナメコと豆腐の赤味噌が強い味噌汁も肉の脂で

溢れている口の中をサッパリとしてくれて美味い。

最後にフルーツとアイスのデザートが出たが

こちらもフルーツのレベルが高く良いものを仕入れている。

佐藤錦が大きく、スイカも甘かった。

入店した時には最初で最後かな?だったが、

その美味しさ、きめ細かなサービスにまた来るに気持ちが変化した。

そら、橋田先生も頻繁に来はるわ!

温泉地に来る富裕層を満足させる正しいサービスの店。

近くの旅館に見習ってもらいたいな。

 

初の熱海とあって地元友人からいろんなとこに案内をしてもらっています。
その中でもお肉は「はまだ」かな〜オススメはとのこと!
週末は熱海を満喫する人たちが訪れて予約取れないような状態です。
伺ったのが平日だったので意外と空いてました。

個室に案内されました。
4名〜5名くらいが鉄板カウンターに

向き合うスタイルなのでプライベート感は満載です。
個室には著名人の色紙などが飾られています。
東京からの富裕層などは来店率が高いみたいですね〜

 

橋田壽賀子さんだけでなく

他にも著名人が来られていたくらい

有名なお店のようですね。

 

他にも著名人が愛したサラメシをまとめてみました

著名人の意外な料理がサラメシがご覧になれるかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です