磯崎功典(キリン・社長)プロフ・経歴や年収がヤバい!?【カンブリア宮殿】

こんばんはtakaです

今回(2020年11月26日)放送の番組

【カンブリア宮殿】では

 

【巨大ビール会社を大改造せよ!

変化を恐れないキリンの挑戦】

というテーマで皆さんご存知

キリンビール社長の、磯崎功典さんが取り上げられます。

 

新型コロナで大打撃を受けているビール業界。

その中で独り勝ちなのがキリンなのだそうです。

 

その方法は既存商品に磨きをかける

傍ら「本麒麟」などヒット商品を生み出しており

今年ついにビール類のシェアで

11年ぶりにアサヒビールを抜きトップに立ちました。

 

そして今ビール会社でありながら“ビール依存”から脱却し

「健康企業」へと生まれかわろうとしている。

スゴイ決断ですよね。

 

そんな老舗の大企業でありながら

変化を恐れない好調キリンを牽引する、異端児社長さん

ということで注目されています。

 

どのような方なのか調べましたので

一緒に見ていきましょう

スポンサードリンク
 

1.磯崎功典さんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :磯崎功典(いそざき よしのり)

生まれ:1953年

年齢 :67歳(2020年11月時点)

出身 :神奈川県

学校 :慶應義塾大学経済学部

所属 :キリンホールディングス

役職 :代表取締役社長

スポンサードリンク

2.磯崎功典さんの経歴は?

今回番組の事前予告でも紹介されていますように

ビール業界も他の業界の御多分に漏れず

新型コロナで大打撃を受けている状態。

 

かといって全てのメーカーが業績を落としているのかというと

そうでもないようで、その中で独り勝ちなのがキリンだそうです。

 

なぜ他のメーカーを尻目に一人勝ちになっているかと興味が湧きますよね。

 

既存商品に磨きをかける傍ら「本麒麟」など

ヒット商品を生み出し、今年ついにビール類のシェアで

11年ぶりにアサヒビールを抜きトップに立ったそうです。

 

老舗ビールメーカーでありながら

今“ビール依存”から脱却し

「健康企業」へと生まれかわろうとしている。

 

変化を恐れない好調キリンを牽引する、異端児社長・

磯崎功典さんの経歴を見てみましょう

略歴

1977年 – 慶應義塾大学経済学部 卒業

1977年 – キリンビール株式会社 入社 神戸支店

1984年 – 事業開発部国内事業開発担当

1988年 – 海外留学(米国 コーネル大学ホテル経営学部)

1991年 – 事業開発部(ロスアンゼルス駐在)

1992年 – 経営企画室

1995年 – ビール事業本部企画部

1998年 – キリンホテル開発株式会社

1999年 – ホテル<ホップインアミング>総支配人

2001年 – 広報部 担当部長

2004年 – サンミゲル社(フィリピン)副社長

2007年 – 経営企画部 部長

2007年 – キリンホールディングス株式会社 経営企画部長

2010年 – 〃 常務取締役

2012年 – キリンビール株式会社 代表取締役社長

2013年 – キリン株式会社 代表取締役社長 兼 キリンビール株式会社 代表取締役社長

スポンサードリンク

2.磯崎功典さんの年収がすごい!?

新型コロナで大打撃を受けている状態の中、

独り勝ち状態のキリン社長の磯崎功典さん。

老舗ビールメーカーで大企業であるうえに

今の状況の中でも一人勝ち状態を

作り上げた社長さんの年収がどれくらいなのか

気になりますよね~。

その前にキリンホールディングスの

役員の年収を他の大手企業の役員報酬と

比較してみましょう。

<役員報酬の他社比較>

出典:https://www.google.com/

その中でも

年収(役員報酬)が1億円以上の上場会社役員は、

有価証券報告書にその報酬の額を

開示することとされているそうです。

 

キリンホールディングスの場合、

年収1億円以上の役員は2名で、

各役員ごとの年収は以下の通りです。

出典:https://www.google.com/

さすが一人勝ち状態の大企業さんの

年収ですね。

予想の上を言ってる感じですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です