小坂直子(ボタン専門店主)プロフやお店はどこ?商品や評判は?【世界は欲しいモノにあふれている】

こんばんはtakaです。

「世界はほしいものであふれている」の

今回(2020年4月9日)の放送は

「“小さな宝物”ボタンを探す旅 パリ・ベツレヘム」です。

 

小さな宝物ボタンを求めてフランスと中東へ。

国宝級の希少なボタン伝説のデザイナー渾(こん)身の一点物な、

麗しきボタンの世界。ベツレヘムで守られた「祈りのボタン」も

以前放送されました陶芸デザイナーの方の上記の記事も

合わせてご覧ください

昨今の電子化、IT化の波に負けずアナログでこだわりの気持ちのこもった

文房具がお好きな方は伊藤屋さんの記事もお勧めです。

 

 

 

スポンサードリンク

1.山端朱美さんのwiki風プロフィール

出典:ご本人のインスタより

プロフィール

名前 :小坂直子(こさか なおこ)

出身 :不明

年齢 :不明(40歳前後くらい?)

所属 :オンラインショップ「CO-」

ボタン専門店「CO-」

著書:ボタン938

 

その他:The British Button Society会員

オンラインショップ「CO‐」を運営。

「CO‐」では、「想像」と「創造」をテーマに

ヨーロッパで集めたボタン、雑貨を販売しています。

百貨店やセレクトショップから

依頼を受け、上品な商品を探すプロフェッショナル。

また、ボタン展やイベントの企画・開催も手掛けてます。

 

著書の「ボタン938」は

ヨーロッパで見つけた珠玉のボタン938個を

作られた経緯やその歴史などが解説つきで掲載。

 

オールカラーで細部に至るまで見事にわかる

永久保存版のボタン図鑑だそうです。

アマゾンに中古品として出品されていますが

評価者数は少ないですが

大好きな大切な「ボタン」に、

作者が真摯に純粋に向かい合ってできたであろう、

素敵な本です

と、とても高評価です。

 

スポンサードリンク
 

2.小坂直子さんのお店はどこ?

小坂直子さんはヨーロッパで集めたボタン、雑貨を販売し、

また、ボタン展やイベントの企画・開催も手掛けています。

 

その一方で、お店も運営されています。

お店は二つ運営されており、

一つはオンラインショップ、もう一つは実店舗です。

 

名前はいずれも「CO-(コー)」です。

ネットで情報探そうとしましたがHPが作業中なのか

アクセスできませんでした。

 

店名が少し変わった感じがしますよね?私もそう思いました。

どういう意味かな?と。それ単体で意味があるように思えなかったので

店名の「CO-」は英語の接頭語で

他の単語の前につく言葉で

「共有、一緒に」という意味がある言葉ですね。

東京・馬喰町

スポンサードリンク

3.小坂直子さんのお店の商品や評判は

小坂さんはご自身で買い付けをされています

「CO-」さんのお店では

普通の服につけるようなボタンも、もちろん販売します。

しかし、日常的に使うようなものだけでなく

美しさとか、使いやすさだけでなく
遊び心や、ユニークな背景があるなぁ、

と感じていたのですが
それは、買い付けのときに、

物語性のあるアイテムや「何かに合わせたい」と

いうイメージが湧くようなものを選んでいるからだそうでです。

 

Bakelite Button(ベークライトボタン)

*世界初の人工プラスティックベークライトのボタン

1930年代 5400円+税

△レコードボタン(EP 青、EP 赤)810円

プリント貝ボタン

(蝶々、青い鳥、赤い鳥、きつね、どんぐり、蜂、クローバー、キノコ)378円

 

その一方でいろいろなボタンを見てきた

小坂直子さんのアイデアをもとに(?)

ご結婚された旦那さんが

オリジナルのボタンを作成し、

販売をしているということもあるようです

 

シルエットボタン

(バレリーナ、ウサギ、ツバメ、

グローイング、ムーン、ネコ)1620円

出典:https://seikatsunotanoshimi.1101.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です