小路明善(アサヒ社長 サラメシ)お気に入りは生姜焼き?合併先社員との店(パブ)や飲んだビールは!?

こんばんはtakaです。

今回(2019年8月20日)のサラメシは

真夏の社長メシスペシャルです。

アサヒホールディングスの社長さんが登場。

 

いわずとしれた日本のトップクラスのビール会社

私はお酒はビール派で、飲むときは

アサヒビールが多く、よくお世話になっていますね。

そんな普段お背になっているビール会社の

社長さんの普段の光景や昼ご飯がどんなものか

一緒に見ていきましょう

 

同じ日に特集されたANA社長さんの

サラメシの記事もどうぞ。

スポンサードリンク

1.小路明善さんのプロフ

 

プロフィール

名前 :小路明善(こうじ あきよし)

生まれ:1951年11月8日

出身 :長野県

卒業校:青山学院大学法学部

長野県松本県ヶ丘高等学校

所属 :アサヒグループホールディングス

役職 :社長(2016年3月から)

最高経営責任者兼務(2018年から)

家族構成:妻と長女、長男の4人家族

趣味:ギター演奏と映画鑑賞

 

秘書と一緒に社食でランチ風景から始まりました。

2. 小路明善さんの仕事風景は?

ビールの営業マンからキャリアを

スタートさせ登りに登って、

現在はホールディングスの社長の小路明善さんです。

社長の小路明善さんにとって、豚の生姜駅っていうのは

気合飯なんだそうですよ。

大きな判断をする前の日とかよく食べるそうです。

今日、生姜焼きということは何か大きな決断が

あるのでしょうかね?

 

食後の習慣は社食のある13階から

社長室のある20階まで7階分の階段を上ること。

元ラガーマンの秘書下村さんが、

隙間トレーニングと名づけて、

いつも同行しているんだそうです。

会社の本社には外国人にも

大人気のオブジェがあります。

なかなか皆さん入れないスポットをどうぞご覧ください。

確かに社長室からの風景はなかなか斬新で見れない風景ですね~。

 

このオブジェは「フラムドール」といいまして

フランス語で「金の炎」と言う意味なんですね。

社員の燃える気持ちを表したオブジェなんですね。

長さは44 5メートル位。丸みを帯びて鋼鉄で

作ってあり、なかなか普通の所ではできなくて、

実はこれ潜水艦を作る技術を持った川崎重工さんの会社に

作ってもらったものなんです。

 

ところで最近ビール離れなんて話をよく聞きますが

2016年に小路さんが社長に就任後も売り上げ、

収益は伸びているんだとか。

実は今回その秘密の一端をのぞかせてもらったんです。

社長室に集結するのはCFOを始めとするメンバーたち。

これが買収した新会社名。

小路さんが積極的に進めているのはM&A。

ヨーロッパやオーストラリアで一兆円を超える

案件を成功させています。

この日はおよそ360億円で買収が決まった

ロンドンの案件が話し合われていました。

買収先の社員の最初の反応をつかんでいるか、

相手にとってはここ数年イギリスで非常に

よく見かけるようになった会社と一緒に

仕事できるようになるのは事業の発展性があるということに

大きな期待を持っているM&Aで大切なのは専門用語でいうと

「PMI」。買ったとことの統合作業1中でも

1番の優先事項が人事つまり買われた側の

会社の人たちをどう扱うかが大切なんだそう。

このたび買収先の会社とのミーティングに

同行させてもらうためlaunch on meロンドンに行く。

M&Aの現場なんてなかなか見られるもんじゃないね。

スポンサードリンク

3.小路明善さんの仕事風景は?

今回買収するのは創業1929年ビール醸造場を

中心とした事業。

パブ文化が根付いたロンドンの人にとって

この醸造所のビールはまさに誇りともいえるもの。

この壁の肖像画は創業者さんかな?

 

小路さんが尋ねるのは買収後、今回が初めてです。

日本企業による買収が決まったときには

地元のテレビでも大きく放送されたそうです

イギリス企業から日本企業へのオーナーチェンジ。

イギリスで愛されるビールのブランドと味を守りながら、

いかに日本のビールを広めていけるかその手腕が

試されます現場の人と会うのがこの時が初めて。

今後の経営ビジョンや人事を説明します

従業員たちを安心させなければいけません。

約束したいのはこの醸造所とのブランドへの敬意です海外での

M&Aを次々と成功させている小路社長だから

といって英語が得意かと言えばそうでもない。

それでも彼がこだわるのは自分の口で自分の英語で

彼らに説明することです。

事業の成功は働く人があってこそだから

自分の言葉で直接語りかけたい。

だから飛行機の中で何度も何度もスピーチ原稿を

読み込んできましたよかった受けている。

冗談を交えて羽を和ませられるのも事前の準備が

あってこそ大企業だろうが国や文化が違おうが、

最後はやっぱり人と人。

まさにM&Aによる新たなビジネスがスタートした

瞬間でした。小路社長のお好きな言葉が

「人間は強くなければ生きていけない、

優しくなければ生きる価値がない」

これはアメリカのレイモンドチャンドラーと

言うハードボイルド作家が本で書いた言葉です。

この言葉が私も好きで自分も実践してきた

つもりなんですね笑

強いビジネススキルを持ってないとビジネスの

世界で生き抜いていくことは難しい。

だけど優しさがないと誰も寄って来ませんよね。

スポンサードリンク

4.小路明善さんの合併先の社員と入った店(パブ)や飲んだビールは?

ではお待ちかね社長の海外出張サラメシインロンドン。

この日入ったのはトラファルガー広場側のパブ。

The Admiralty

66 Trafalgar Square, London WC2N 5DS,

England (トラファルガー広場 / エンバンクメント)

+44 20 7930 0066

海外での仕事も終わりホッと一息ゆっくり

ランチかと思いきや合併先の責任者の方たちと

ランチミーティング。

ミートパイと3つのタイプの違うエールビール

London Pride

ESB

HONEY DEW

ビーフ、茄子オニオンの3種類のパイを合わせます

同じ日に特集されたSeiko社長さんの

サラメシの記事もどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です