久保建英(マジョルカ)4大リーグ日本人最年少出場記録樹立か?

こんにちはtakaです。

サッカー界でまた素晴らしいニュースが

 

数々の年少記録を打ち立て活躍してきた

久保建英選手がまた日本人最年少記録を

作ったそうです。

一緒に見ていきましょう

 

スポンサードリンク
 

1.4大リーグ日本人最年少記録?

日刊スポーツ新聞によりますと

スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英(18)が、

またひとつ日本サッカー史に残る年少記録を打ち立てた。

1日(日本時間2日)のアウェー、バレンシア戦に

後半34分から途中出場。18歳2カ月28日でのデビュー

 

したそうです。

これは欧州4大リーグ

(イングランド、ドイツ、イタリア、スペイン)における

日本人の史上最年少出場記録を打ち立てたことになるそうです。

 

2.どれくらい凄いの?

久保建英選手2点を追う後半34分に3人目の交代でピッチへ。

18歳2カ月28日。これは欧州4大リーグの日本人最年少記録。

日本人で最も若くして、大舞台に立った。

8月22日に移籍が発表され、

翌23日に初めてマジョルカ島での練習に合流したばかり。

前節(8月25日)、加入直後のRソシエダード戦は

ベンチから外れたが、1週間で指揮官の評価を上げ

遠征メンバーとベンチ入り。後半にチャンスをつかみ、

スペイン1部、日本人11人目の出場選手になった。

今夏移籍したRマドリードではプレシーズンから、

トップチームに同行。強化試合4試合に出場した。

絶妙なスルーパスなど、銀河系軍団ともいわれる超名門でも、

存在感を示した。トップチームの

あのジダン監督、Bチームのラウール監督という

レジェンドがともに残留を望んだが、

高いレベルでより多くの出場機会を得るために

期限付き移籍を決断。

めまぐるしく変わる環境の中でも、

ぶれることなく、実力で出場機会を勝ち取った

スポンサードリンク

3.今後の予定は?

今回欧州4大リーグに日本人最年少出場記録更新を

果たした久保建英選手ですが、今後の活躍は

しばらく欧州かというとそうでもないようです。

 

すぐ日本代表での新たな挑戦が始まる。

近日中に帰国し

5日のキリンチャレンジ杯パラグアイ戦での出場を目指す。

6月にデビューしたA代表に、続けて選出された

続く10日のW杯アジア2次予選の

ミャンマー戦(アウェー)に出場すれば、

W杯予選ではこちらも日本人最年少出場となる。

数々の年少記録を打ち立て、18歳は圧倒的なスピードで駆け上がる

今回の欧州チームでの記録も凄いことですが、

それにとどまることなくまだまだ様々な耳目集まる

活躍をしてくれそうですので

楽しみが増えますね~。

これからも注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です