フジ久慈アナの破局の理由はヤクルト原樹里の成績不振!?

こんにちはtakaです。

「めざましどようび」や「さんまのお笑い向上委員会」などの

バラエティー番組出演、そして

10代目「パンシリーズ」にも起用された、

フジテレビの久慈暁子アナウンサー(26)と、

プロ野球のヤクルト原樹理投手(27)が

破局していたことが2021年6月12日、分かったそうです。

2人は19年5月、一部週刊誌でツーショットや、

久慈アナが原の登板を神宮球場で観戦する様子が報じられ、

交際が明らかになり、順調な交際が明らかになった

お二人ですが一体何があったのでしょうか?

色々調べてみましたので一緒に見ていきましょう

スポンサードリンク

1.フジ久慈暁子アナとヤクルト原樹理が破局!?

フジテレビのアナウンサー「クジパン」こと

久慈暁子アナウンサー(26)と、

プロ野球のヤクルト原樹理投手(27)が

破局していたことが12日、分かったそうです。

2人は19年5月、一部週刊誌でツーショットや、

久慈アナが原の登板を神宮球場で観戦する様子が報じられ、

交際が明らかになった。

スポンサードリンク

2.フジ久慈暁子アナとヤクルト原樹理のきっかけから熱愛報道まで

ヤクルトとフジの女子アナはつながりが深く、

古くは古田敦也と中井美穂、石井一久と木佐彩子、

最近でもライアン小川と三上真奈など、

多くのカップルが生まれています。久

慈アナも、フジの先輩アナからヤクルトの選手を

紹介されるなかで、原と知り合ったんでしょう。

 

交際開始当時まだ売り出し中の若手投手だった原樹里さんが

いかにして彼女の心を射止めたのかについて

久慈アナは入社以来、大勢の”業界人”に言い寄られていて、

食傷気味だった。

そんな中で原に出会い、少年のように野球に打ち込む姿に

惹(ひ)かれたみたいです。

交際が始まったのは昨年で、まだ1年は経っていないはずですよ」(久慈アナの知人)

2019年5月に

「FRIDAY」(講談社)がフジ・久慈暁子アナと、

プロ野球東京ヤクルトスワローズ・原樹理投手が

“ほぼ同棲”状態にあることを報じた。

同誌では原の自宅マンションに出入りする

久慈アナを何度もキャッチ。

デート中の写真もバッチリ撮られており、さすがに否定できそうにない。

2019年5月10日に発売された

週刊誌「FRIDAY」では

『歴史的ビックカップルのほぼ同棲生活』として、

大々的に2人の熱愛を報道されていました。

出典:https://www.google.com/

当時は原樹里さんが登板する試合には

球場に駆け付け応援する久慈アナの姿も

見られていたようです。

出典:https://www.google.com/

スポンサードリンク

3.フジ久慈アナの破局の理由はヤクルト原樹里との忙しさでのすれ違い?

同棲生活とまで報じられ、

順調な交際と言われていたフジ久慈アナとヤクルト原樹里さん。

2019年5月の熱愛報道から約2年。

お二人の間になにがあったのでしょうか?

記事ではその理由らしきものについては

詳細に触れておらず

しかし複数の関係者によると、

多忙な2人は時間的な問題もあり、

すれ違いが原因で今年に入って破局したという。

とだけ記載していました。

 

久慈アナは17年4月にフジテレビ入社。

その後同年7月からは、史上最速の入社4カ月で、

同局エースアナ候補の登竜門番組と言われる

「パンシリーズ」の10代目に起用された。

現在は「めざましどようび」のほか、

「さんまのお笑い向上委員会」などの

バラエティー番組にも活躍の場を広げており時間的な

理由もあるようにみえますが

しかし、過去には

古くは、中井美穂アナと古田敦也氏(当時ヤクルト)、

木佐彩子アナと石井一久氏(同)がゴールインしており、

必ずしもそれだけが理由のようには思えない気がします。

何か他に理由があるのでは?と推測されますね。

 

スポンサードリンク

4.フジ久慈アナの破局の理由はヤクルト原樹里の成績不振!?

その他に想像されるものとしては

ヤクルト原樹里の成績不振などが考えられます。

といっても、一部ネットでささやかれている

フジ久慈アナ「サゲマン説」などとことではなく、

2017年入団した原樹里投手の

入団後の成績のタイミングとファンからのネット上の

書き込みにも影響受けているのかもしれないと思います。

お二人の交際が開始したと思われるのが、2018年頃。

2015年ドラフト一位入団した原選手にとって、

3年目の頑張りどころの年

ルーキーイヤー(16年)は2勝8敗、

2年目(17年)は3勝11敗と散々な成績に終わった。

3年目の昨季は6勝(7敗)を挙げて、

ブレークのきっかけをつくり、

今季は開幕から先発ローテーションに入った。

ちょうどその大事な時期や2019年に肩を痛め

登板回数が減り成績が上り調子にならないことなどもあってか

原樹里選手への期待度が炊き嗚呼ヤクルトファンからは

2人の交際に“猛反対”の声が続出していたようです。

《うちのドラ1どうしてくれるんだよ!》
《将来のエース候補を久慈に骨抜きにされたわ》
《半同棲? 本当に支える気があるなら中途半端なことするな!》
《久慈アナがプロ野球選手の奥さんを務められるとは思えない》
など、厳しい意見が殺到しているのだ。

原樹里選手も復帰に向けて頑張ってたと思い

結果を残して上記のファンのような懸念を払しょくしたい気持ちは

あったと推察しますが、その後もなかなか上記の

ファンの期待に応えることが出来ない状態が続いていたようです。

原樹里選手への期待をするファンとしては

自然な気持ちからのものですが

それをなかなか払拭できない状態でこのような意見を

聞く状態というのは辛い気持ちになると思われますね。

実際の理由がどのようなものなのか真相は分かりませんでしたが、

同棲までしていたカップルが破局のニュースを聞くのは

とても残念な気持ちになりますね。

原樹里選手の今後の復帰、ご活躍を期待します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です