京子スペクターが激レアに!若いころ画像から鼻に整形疑惑が?旧姓や生い立ちは?

こんにちはtakaです。

今回(2019年9月21日)放送の

番組「激レアさんをつれてきた」は

『ゴールデン2時間SP』。

そのゲストのおひとりに

京子スペクターさんが出演。

京子スペクターさんは

「本当はとても凄い人なのに、

ダジャレを言いすぎるせいで

日本人から過少評価されている人と

そのダジャレを、

3分に1回のペースで40年も聞かされている妻」

として紹介されます。

ダジャレを3分に一回聞かされるというだけでも

ちょっとげんなりしそうな気がしますが

それを40年間も継続する。

気が遠くなりそうなというか、

途中でマヒしてくるのかもしれませんね

そのような環境に置かれた方がどのような

方か気になり調べてみましたので

一緒に見ていきましょう。

スポンサードリンク

1.京子スペクターさんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :京子スペクター

出身 :千葉県

生まれ:1952年1月2日(67歳)

卒業校:上智大→シカゴ放送学校

所属 :デーブスペクターコミュニケーションズ

活動 :エッセイスト、タレント、テレビコメンテーター

各国大使館員日本語スピーチコンテスト(大会審査員、理事)

フレンド・オブ・タイランド・アワード(2002)

(タイ王国プロモーション活動への貢献。日本人女性初)

第22回国際電気自動車シンポジューム(EVS22)受賞

 

京子スペクターさんの旧姓についてですが、

あまり多くは語られていないません。

そのため旧姓が何か不明です。

活躍され始めたころは旧姓ではなく現在の名前だったので、

不明のままのようです。

また現時点では、旧姓について公表されてはいません

ただし、旧姓が何かという噂はあります。

京子スペクターさんは日本生まれの

日本人両親の間に生まれたと考えられています。

そのため、旧姓は日本名ではないかということです。

また、旧姓は「青木」だとも言われています

2.京子スペクターさんの若いころ、画像は?鼻に整形疑惑?

京子スペクターさんの生い立ちですが、

商社勤務の父親の家庭に生まれます。

京子スペクターさんの兄弟については不明ですが、

商社マンとなると比較的裕福な

家庭育った生い立ちだたと考えられます。

海外を飛び回る父親から外国の話を聞いて

育った京子スペクターさん。

次第に海外に憧れるようになり、

英語の勉強を始めるようになったそうです。

今の英語ペラペラの京子スペクターさんは、

このような生い立ちだと思うと、納得できますよね。

 

京子スペクターさんは今年67歳ですが、

プロフのお写真のように年齢を感じさせず

非常にお綺麗ですよね~。

現在これだけのキレイさを誇っているのであれば

若かったころはどんな感じだったのか気になりますよね~。

出典:https://www.google.com/

若いころ当時のお写真で大きいものが見つからず、

詳細は分かりづらいかもしれませんが、

若さの溢れる感じで、初々しい感じが

しますね。ご結婚の時のお写真ということもあってか

笑顔もとても素敵です。

 

 

こういうお綺麗な方の画像が見つかると

ついついいろいろ変化を探してしまうのが

人間の性(さが)なのか、特にお顔で

目立つ部分(目・鼻・口)の違いが取りざたされがち。

京子スペクターさんも、ご主人のデーブスペクターさん

やご本人も芸能界で活動され、お綺麗なためか

お顔の変化に注目、話題になりがちのようです

出典:https://www.google.com/

京子スペクターさんの場合は、特にお鼻の

変化が写真の写り具合などにより

注目が集まったようで、“整形疑惑”が

話題になっているようです。

 

ただ、実際に整形したとの正確な情報もなく、

確認できるようなお写真(横向きなどいろんな方位)も

ないため断言できないため、現時点では

噂レベルではないかと思われます。

スポンサードリンク

3.デーブスペクターさんとのなれそめや日常は?

デーブスペクターさんと京子スペクターさんとの

出会いは1976年のロサンゼルスでした。

当時のお二人の状況はと言いますと

京子スペクターさんは、ロサンゼルスの

リトルトーキョーにある

「ホテルニューオータニ・ロサンゼルス」で

コンシェルジュとして働いていました。

 

一方のデーブスペクターさんは

副業で日本人の旅行案内員をしていました。

 

そのようなお仕事の関係で京子さんの

働くホテルでデーブさんは京子さんを

 見つけ一目惚れをし、声をかけたそうですが、

デーブさんのあまりの日本語の流暢さに

「怪しい外国人」と思ってたそうです。

当時のデーブスペクターさんは

「ユウゾウ」となのっていたそうです。

これは憧れの「加山雄三」からとった

そうですが、名乗っている名前だけ聞いても

ちょっと怪しい雰囲気がしますよね

しかし、話してみると真面目な方ということが

わかり、交際に発展し、1981年にご結婚に

至ったそうです。

デーブスペクターさんと京子スペクターさんとの

日常については、番組の予告でもありますように

「本当はとても凄い人なのに、

ダジャレを言いすぎるせいで

日本人から過少評価されている人と

そのダジャレを、

3分に1回のペースで40年も聞かされている妻

として紹介されます。

ここまで頻繁でなくてもダジャレを言う人は

結構頻繁にダジャレが出てくる傾向にあると思われますので

パートナーのダジャレ対策を考えている人は

今回の番組で良い対策が京子さんから見つけられるかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です