松木玖生(サッカー/青森山田)の今後の進路・チームや目標選手は!?(ミライモンスター)

こんにちはtakaです。

今回(2020年10月4日)放送される

ミライモンスターで

サッカーの松木玖生さんが

出演されます。

超名門!・青森山田サッカー部という

競争が超凄そうな場に属していながら

高校一年生で全試合スタメン出場

高校二年生でサッカーの超名門!・青森山田の

新エースという輝かしい経歴をお持ちの方です

どのような人なのか、今後の進路、

松木玖生さんほどの人が目指す選手などはどのような選手なのか?

調べてみましたので一緒に見ていきましょう

松木玖生さんの技術などについては以下の記事からご覧くださいね

以前のミライモンスターの水泳の

記事も以下からどうぞ。

 

スポンサードリンク

1.松木玖生さんのプロフィールは?

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :松木玖生(まつき くりゅう)

生まれ:2003年4月30日

出身 :北海道室蘭市

学校 :青森山田高校

青森山田中学校

身長 :177cm

体重 :75kg

ポジション:MF

所属 :室蘭大沢FC(小学校時代)

松木選手が所属していた室蘭大沢FCは、

2018年に少子化やコーチの死去により解散してしまいましたが

有名選手を多く輩出した名門クラブだったそうです

 

スポンサードリンク

2.松木玖生さんの戦績が凄い!?

松木玖生さんは小学校時代、北海道室蘭FCの頃からの経歴です

小学校卒業後は、出身地の北海道を離れ

中高一貫校の青森山田へ進学。

ちなみに青森山田高校はサッカー部強い高校ランキングで

堂々の一位です。

<b>サッカー部の強い高校ランキング</b>
  • 青森山田高校(私)青森県
  • 前橋育英高校(私)群馬県
  • 流通経済大学付属柏高校(私)千葉県
  • 静岡学園高校(私)静岡県
  • 矢板中央高校(私)栃木県
  • 帝京長岡高校(私)新潟県
  • 尚志高校(私)福島県
  • 瀬戸内高校(私)広島県
主な戦績

2016年:全国中学総体優勝

2017年:準決勝

2018年:U-15日本代表選出

海外遠征を経験(中国・フランスなど)

2019年:青森山田高校進学。一年目からレギュラーで活躍(背番号 7)

U-16日本代表に選出。国際ドリーム杯優勝

2020年:青森山田のエースに選出

U-17日本代表に選出

U-18高宮杯JFAプレミアリーグ優勝

 

ちなみに背番号「7」は名門の次期10番と目される選手が背負う番号で

その通り松木玖生さんは翌年には青森山田高校の10番に。

ご本人もインタビューなどで

「7番は伝統のある番号なので、

それに恥じないようなプレーをしたいと思っています」と

期待を意気に感じながら“高校生活”をスタートさせている。

そして周りの期待通り、それ以上の結果を残していると思いますね。

スポンサードリンク

3.松木玖生さんの今後の進路やチームは!?

これだけの戦績・成績を残している松木玖生さん。

プロももちろん注目していると思います。

そのような注目の中ご本人の意向などは

どうなのでしょうか?

まだ高校二年生ですが、今後の進路については

どのように考えているのでしょうか?

サッカーファンにとっても気になるところですよね~。

松木玖生さんの今後の進路については

まだ決まっていないようです。

ですが、記事などのインタビューの内容などからは

大学進学ではなくプロへ進む意向のようです

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?294996-294996-fl

「Jリーグのスカウトも来ていると思うので、

自分をアピールしていきたい。年齢は関係ない。

早めにJリーグから声をかけてもらえるような

プレーをしていきたいなと思います」と堂々と話した

 

またプロと言っても国内だけにこだわらない考えのようです

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?269789-269789-fl

「海外のサッカーが自分好きなので、

(日本にいても)海外の人に目をつけられるようなプレーをしていきたい。

そのためにはもっと努力が必要」

そんな凄い選手である松木玖生さんの

目標とする選手がどんな選手か気になりますよね~。

参考にしているのはイングランド・マンチェスター・Cに

所属する新星、19歳のフィル・フォーデン

出典:https://www.google.com/

https://www.excite.co.jp/news/article/Soccerking_1015844/?p=2

年齢やプレースタイルが自分と近い

ことが理由のようです。

以前ご紹介しましたウエイトリフティング競技の
ミライモンスターの方の記事もよろしければどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です