中野正貴(写真家)の経歴や年収がすごい!?【情熱大陸】

こんばんはtakaです。

今回(2020年9月27日)の情熱大陸では

写真家の中野正貴さんが登場します。

2001年に発表された『TOKYO NOBODY』で

一躍有名になりました。

誰も見たことのない東京の姿、

誰もいない東京の街という

独自の視点から東京を撮り続けて、約30年

そのような独自の視点から撮影する写真家が

どんな方なのか興味が湧き

調べてみましたので

一緒に見ていきましょう!

中野正貴さんの使用カメラなどが気になる方は以下の記事からどうぞ。

 

スポンサードリンク

1.中野正貴さんのプロフィールは?


出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :中野正貴(なかの まさたか)

生まれ:1955年8月2日

出身 :福岡県

学校 :武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科

職業 :写真家

スポンサードリンク

2.中野正貴さんの経歴が凄い!!

1955年8月2日 福岡県生まれ。

56年より東京在住。

武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン科卒業。

写真家秋元茂氏に師事。

秋元茂氏は多摩美術大学卒業後博報堂写真部に入社。

数々の広告写真に関わったのちフリーとなり

事務所設立し、電通賞、朝日広告賞、日経広告賞など

広告関係の数々の賞を受賞した方です。

 

2000年 初著作写真集「TOKYO NOBODY」を刊行。

2001年「TOKYO NOBODY」にて日本写真協会賞新人賞を受賞。

2005年「東京窓景」により第30回木村伊兵衛写真賞を受賞。

2008年「MY LOST AMERICA」により第8回さがみはら写真賞を受賞。

2019年 東京都写真美術館で大型写真展「東京」を開催。

中野正貴さんの名を一躍有名にした

「TOKYO NOBODY」

その写真には、

誰も見たことのない東京の姿があった。

誰もいない東京の街。水辺から見上げた東京。

窓から見た生活の中にある東京。

写し出されたそれぞれの作品は、

不思議と見る者の想像力を掻き立てるものがありますが

その撮影は帰省や行楽で人通りの少ない年始の1月や、

大型連休のある5月などに集中して撮影が行なわれた。

そのような撮影タイミングが限定されるため

撮影期間は10年にも及んだそうです。

発想とそれを実現するための努力が凄いですね

また49歳での木村伊兵衛写真賞の受賞は

最年長受賞でもあります。何歳になっても衰えない

視点と気力が凄いですね。

スポンサードリンク

3.中野正貴さんの年収が凄い!!

中野正貴さんの名を一躍有名にした

写真集「TOKYO NOBODY」や

写真分野の有名な賞を受賞している

中野正貴さん。

その年収はいかほどなのでしょうか?

通常、写真家の方の年収を調べてみますと

ある記事のデータでは以下のようになっていました。

出典:https://jp.stanby.com/

国内の平均年収が400万円台とのこと。

決して多いとは言えませんが、

このデータは飽くまで

企業や個人事業主に雇われているフォトグラファーを対象としてもの。

フリーランスとして個人で写真事務所を立ち上げ、

高額の報酬を受けとっている人は、

数字として捉えきれていないようです。

情熱大陸でとりあげられるくらいですし、

様々な賞を受賞しており、広告関係の仕事も受注しているようですので

1,000万円以上はあるのではないかと推測します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です