ナンシー・シングルトン・八須(日本食作家)のプロフや著書は!?【世界は欲しいモノにあふれている】

こんばんはtakaです。

「世界はほしいものであふれている」の

今回(2020年8月27日)の放送は

世界はほしいモノにあふれてる

「JAPAN! 究極の“台所道具”」とのタイトルで

ナンシー・シングルトン・八須さんが登場します。

 

日本の食文化を世界に伝える作家、

アメリカ出身のナンシー・シングルトン・八須さんが

日本を巡る。

 

スポンサードリンク

1.ナンシー・シングルトン・八須さんのwiki風プロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :ナンシー・シングルトン・八須

出身 :アメリカ・カリフォルニア州

生まれ:不明

年齢 :50歳くらい?(2020年8月時点)

学校 :スタンフォード大学

職業 :料理研究家、日本食作家

ナンシー・シングルトン・八須さんは

1988年頃語学留学のため来日とのことですので

おそらく50歳前後なのでは?と推測します。

スポンサードリンク
 

2.ナンシー・シングルトン・八須さんの経歴が凄い?

現在、料理研究家、日本食作家など

様々な活動をされている

ナンシー・シングルトン・八須さんですが、

個人的な情報についてはあまり情報が見つかりませんでした。

大学はなんと、スタンフォード大学なんですね。

日本の大学の偏差値でいうとなんと80以上ともいわれ、

合格率は4.7%(2017年)、

U.S. Newsが発表している2019年ベストグローバル大学ランキングで、

スタンフォード大学は3位を獲得した大学に通っていました。

そんな凄い大学に通ってる才女であれば将来は

凄い企業にお勤めになるのかな?と思うのですが、

ナンシー・シングルトン・八須さんは1988年に来日し

その後日本で生活をするようになりました。

それは来日時、語学流動で日本に来ていたナンシー・シングルトン・八須さんは

語学教師の仕事で出会った農家の八須さんとであい

結婚します。

ナンシー・シングルトン・八須さん

大学時代から「スシ・バー」に通うほど日本に興味のあったようで、

来日し、その魅力を改めて認識し、その日本で素敵な出会いに

巡り合えたということでしょうね。

その後、農家の妻として、三人のお子さんを

育てながらお仕事もされているとのこと。

農業をしながらお子さんを育てるのも非常に大変だと思うのですが

それに加えお仕事もされてるということで

非常にバイタリティ溢れる方のようですね。

スポンサードリンク

3.ナンシー・シングルトン・八須さんの著書は!?

ナンシー・シングルトン・八須さんは

元々アメリカでの生活時から日本と日本食に

興味があり、来日してから日本食に関する

料理研究や作家としての情報発信の活動を

積極的にされています。

特に、しょうゆや味噌と言った日本の調味料に

魅力を感じているようです。

その発信された情報は海外でも注目されていますが、

日本の人にとっても日本食を改めて見直す

良い内容と思われます。

本来日本が持っていますが、あまりにも身近にありすぎて

なかなか気づかず、海外に出ていき、その後再輸入のような感じで

海外で注目されたのち、日本で改めて認識されるということも

たまにありますよね。

ナンシー・シングルトン・八須さんの日本食に関する

情報発信もそういうたぐいのものだと思われます。

出典:https://www.google.com/

このような本を見て改めて日本の良さを認識を

するのもいいものですね。

自分の周りにあまりにもあたりまえのようにあって

言われないと気づかない良いものであふれていると。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です