蜷川実花(写真家)撮影の「Aera(アエラ」の 羽生結弦がやばすぎる!?購入は?【サワコの朝】

こんにちはtakaです

今回(2019年8月10日(土))の

【サワコの朝】では

蜷川実花さんが出演されます。

独自の色彩感覚で世界中から注目を集める

写真家の蜷川実花さん。

写真家としての活躍だけでなく

007年には映画「さくらん」で監督デビューも果たし、

写真という静止画の世界だけにとどまらず

華やかな世界観が広がる映像作品で人々を魅了しています。

一方で、重要文化財である道後温泉と

コラボし、前年比で観光客を約3万人も

増加させることにも貢献したことでも知られる蜷川さん。

これだけでも十分すぎるほどの広範囲の活躍ですが、

 

今回どのような話しが飛び出すのか

楽しみですね。

スポンサードリンク

1.蜷川実花さんのプロフ、生い立ちが凄い!?

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :蜷川実花(にながわ みか)

生まれ:1972年10月18日

出身地: 東京

卒業校:日本大学法学部

所属 :小山登美夫ギャラリー

提携 :エイベックス・ヴァンガード

その他:2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員理事

愛称 :「ニナミカ」

父親 :蜷川幸雄(日本の演出家、映画監督、俳優)

独自の色彩感覚で世界中から注目を集める

写真家の蜷川実花さん。

そのルーツはどこにあるのかが気になりますが、

超有名・著名で非常に個性的、独特の世界観を持つ演出家である

蜷川幸雄を父に持ち、

「いつでも、どこでも男を捨てられる女であれ」等、

その思想を常に語られながら育ったという

蜷川さんは、「日本の中のガラパゴスで育った」と幼少期を回顧。

子供にとって、一番身近な存在である

家族、父親や母親は普通でも一番影響をうけますよね。

その影響を受ける相手が、上記のような

蜷川幸雄さんでしかも上述のような蜷川語録(?)を常に

語られてたら、そりゃー確かに

「日本の中のガラパゴスで育った」と言いたくなる気持ちも

分かるような気がします。

2. 蜷川実花さんの経歴・実績が凄い!?

2007年には映画「さくらん」で監督デビューを果たし、

華やかな世界観が広がる映像作品で人々を魅了。

現在公開中の映画「Diner ダイナー」や

9月公開予定の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」も

大きな話題になっています。

一方で、重要文化財である道後温泉と

コラボし、前年比で観光客を約3万人も

増加させることにも貢献したことでも知られる蜷川さん

活躍の範囲はとどまるところを知らない感じですね。

 

 

3. 蜷川実花さん雑誌「Aera」での羽生結弦さん撮影秘話

3年間務める雑誌「AERA」の表紙撮影での話を披露。

爆発的に売れたという羽生結弦選手の撮影秘話を明かしてくれました

羽生結弦 雑誌AREA 秘蔵映像

この雑誌の撮影時には「リンクの上では見られない貴重な素顔」

が見れると。

動画内では撮影前まではごくリラックスした

羽生結弦さんでしたが、蜷川さんが「羽生結弦さんには

絶対これが似合う」と準備した撮影セットを見て

テンションがあがりまくり。
羽生結弦さんへの蜷川さんのイメージが

ご本人にもハマったのか

それとも演技者としての本能なのか

撮影開始するやいなや、それまでとは

羽生結弦さんの態度・表情が一変。

をれを見ていた番組のゲストの方は

「やはり凄いな~」と賛辞を惜しまなかったですね。

ご本人も撮影中は「目で何を語れるのか?」

などを意識していたそうです。

表紙の目で見つめられるとファンの方には

たまらないでしょうね

この時の羽生結弦さんが表紙を飾った

号の売れ行きの結果からも

羽生結弦選手の魅力に加え、

蜷川実花さんが想定し、準備したセットの

世界観がピッタリハマった感じということなのでしょうね。

 

スポンサードリンク

4.羽生結弦さん表紙飾った雑誌「Aera」の販売・購入は?

蜷川実花さんが撮影した羽生結弦さん表紙飾った雑誌は

2018年2月19日増大号【表紙:羽生結弦】[雑誌]

出典:https://www.amazon.co.jp/

普段でも非常に人気の高い羽生結弦さんですが

当時、平昌オリンピックフィギュアスケートで

連覇を果たした時期での採用というこもあり

表紙を飾ったこの号は、大反響を呼び、

完売店続出。週刊誌「Aera」を発行している

朝日新聞出版では週刊誌としては

異例の大増刷を決定し、2月10日の発売に続いて、

2月22日に再び店舗にならんだそうです。

 

購入は以下から

Amazon サイトへ

購入者の中には、ご自身のだけでなく

身内(おばあちゃん)の方の分も

購入、プレゼントし、喜ばれた方もいたとか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です