落とし紙とは!?水洗トイレでも使えるの?

こんにちはtakaです。

新型コロナウィルスのニュースは

 

今もなお、テレビなどで

頻繁に見かけます。

新型コロナウィルスの拡大に伴い

イベントの中止や「無観客」での

開催など様々な対応を余儀なくされている

業界もあると思います。

そんな中、自己防衛のための

マスクが品薄になったり、

拡大に伴い情報に尾ひれがついたのか

流布されたデマなどの影響で

品薄になっている商品がいくつかあります。

トイレットペーパーがその最たるもので、

ニュースでも品薄状態が頻繁に取り上げられています。

そのことについて興味が湧き調べましたので

一緒に見ていきましょう!

 

スポンサードリンク
 

1.新型コロナウィルス拡大に伴うトイレットペーパーの在庫状況は?

新型コロナウィルス拡大に伴い

情報に尾ひれがついたのか

流布されたデマなどの影響で

トイレットペーパーが品薄になるという

少し前に出回りました。

私はそのニュースに気づくのが少し遅れ

ある日、いつものように近くの

薬局に定期的な買い物に行くと、

いつも空いてるはずの時間に行ったにもかかわらず

なぜかお店の開店前なのに長蛇の列。

混雑を回避するため、その場は一旦、帰宅し、

しばらくして混雑が無くなってから行き、

店内を自分の欲しいものを見つけるために

探し回っていると、ふとある個所に異様な

空きスペースがあることに気付く。

いつもは大量に積まれている、トイレットペーパーが

ありませんでした。

その時、「そっか今朝の行列はこれのためか?」と

遅まきながら気づく。

確かにその後、他の薬局やスーパーに行っても

在庫が無し。ニュースでも

「オイルショックの時のよう」と過去を彷彿させる

状況。

ですが、その後しばらくしてのニュースで

在庫はたっぷりありますと知らせるニュースも

近くのお店ではなぜかまだその在庫が反映されてない様子。

そんな中注目されてるのが「落とし紙」なるもの

 

 

スポンサードリンク

2.落とし紙とは!?

「便所紙」「ちり紙」とも呼ばれる。

出典:https://www.google.com/

ある程度、お歳を召された方であれば

お気づきかもしれませんが、

下水道(浄化槽を含む)が普及する前、

汲(く)み取り式(いわゆるポットン便所)

だった頃は一般的に使われていたものですね~。

便所にはいるとこれが箱などに入れられて

おかれてましたね。

今でもポットン便所を使用されているところでは

あるのでしょうね。

 

やわらかい四方20センチほどの白い薄い紙を重ねて使う。

使用後、そのまま便槽に「落とす」(捨てる)ので、

「落とし紙」と呼ばれた。紙なら何でも「落とし紙」になり、

新聞紙を手で揉んで柔らかくして使っていた時代もある。

 

今の人では、「トイレットペーパー=ロール紙」と

いうイメージが非常に強いと思われますが

これも歴としてトイレットペーパーですよね~。

 

ですが、落とし紙が使われていたのは

先ほども述べました、「ポットン便所」の時。

現在の「大量のペーパー」や

「少し材質の違うものを流すと詰まる」と

注意書きのある水洗トイレで使えるのか?

という疑問が残りますよね。

いくら在庫があっても、自宅のトイレ(水洗)で

使えなくては買っても意味がないですからね~。

 

スポンサードリンク

3.落とし紙は水洗トイレで使える!?時代に合わせて変化してる?

前に買ったのがいつか分からないくらい

久しぶりに買った「落とし紙」は、

愛媛県八幡浜市産。再生パルプ100%で、

水洗トイレに対応している。1袋に1200枚入っていて、

ふかふかで、とても柔らかい。紙がちぢれている。

 

「昔もこんなに紙質が柔らかかったかなあ」と

記憶をたどっていると、店主が店の奥から、

平安美人風のイラストと「高級京花紙」と包装紙に書かれた、

時代がかった紙の束を持ってきてくれた。

高知県土佐市産。いつ仕入れたものかは分からないが、

これも「落とし紙」という。

 

記念に購入し、違いを比べた。

「京花紙」はつるつるで、書道用の半紙のよう。

もともと京花紙とは、
江戸時代より、舞妓さんや役者衆に
愛用されてきた白く薄い楮紙です。
化粧紙や懐中紙として使われていました。
昭和40代頃までには全国の家庭で
ごく普通にトイレットペーパーや
ティシュペーパーの役目をしていました。

「京花紙」は水に溶けない。やわらかさも違う。

時代にあわせた「落とし紙」の変化を感じた

確かにこの記事にありますように、

以前の「落とし紙」はかなり固かったような定かではないが

記憶があります。

というのも今の水洗と違い、水で流す必要がないので

そう言う部分に配慮が必要なかったからなんでしょうね。

ですが、水洗トイレに変わって配慮が必要になったので

時代に合わせて材質も変わったということなのでしょう。

こういうところにも時代の流れがちゃんと反映されてるのですね。

なお、この記事の「京花紙」は記事にもありますように

店主が店の奥から、

時代がかった紙の束を持ってきてくれた。

とのことなのでかなり以前に製造されたものではないかと思われ

「水に溶けない」「柔らかさが今と違う」とのことだと思われます。

「京花紙」全般がそのような特質ではなく、

「京花紙」自体も

パルプを厳選し、機械で柔らかく抄きあげ、

化粧紙や懐中紙として使用でき、

また水解性を持たせて、

水洗トイレでも使えるようにいたしましたので、
今の時代に合わせてお使いいただけます。

という製品もあるようで、こちらも時代に合わせて

改良がされているようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です