小澤輝真(北洋建設/ザ・ノンフィクション)プロフや元受刑者 受入日本一なのはなぜ?

こんにちはtakaです。

今回(2020年4月5日)の

ザ・ノンフィクションでは

北海道札幌市にある建設会社

「北洋建設」の社長さんの

小澤輝真さんが登場されます。

 

小澤輝真さんが社長を務められてます

「北洋建設」さんが

刑期を終えた「元受刑者」さんを

日本でもっとも受け入れているという会社ということで

注目されており、色々調べましたので

一緒に見ていきましょう

スポンサードリンク

1.小澤輝真(おざわ てるまさ)さんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :小澤輝真(おざわ てるまさ)

生まれ:1974年

生まれ:北海道

学歴 :高校(中退)

所属 :北洋建設

役職 :代表取締役社長

受賞歴:受刑者雇用の実績が高く受賞歴多数

「東久邇宮文化褒賞」(皇室)

「東久邇宮記念賞」(皇室)

「法務大臣感謝状」(法務省)

「安全で安心なまちづくり表彰」(札幌市)

小澤輝真さんが社長を務められてます

北洋建設は1973年、

小澤輝真さんのお父さんである

政洋さんによって、母の静江さん(現会長)と

六畳一間から興した会社です。

小澤輝真さんにとってはいわば家業。

ですが、小澤輝真さんご自身は当初家業をつぐという

考えはなく、高校を中退後、中学の時から仲間と始めた

バンドで食べていきたいと仕事探しするも

当時の外見(髪をピンクに染めてた)で面接を落ち続け

親戚の紹介で製版会社に勤めることになりました。

しかしその矢先に脊髄小脳変性症で父が50歳で亡くなり、

このとき、母が急遽社長になるということだったのですが

その時のことを小澤輝真さんご自身が

それで私は初めて自分が家業を継がないとだめだと思い、

当社への入社を決意しました。17歳の時です

と語っています。

こうして北洋建設への入社することになりました。

しかも、いきなり後継者としての立場での

入社ですので、プレッシャーが半端なかったでしょうね。

ですが、小澤輝真さんは母に

「自分がお母さんの後を継ぐ。

それまで頑張って」と伝えました。

と伝え仕事に励んだそうです。

スポンサードリンク

2.小澤輝真さんの北洋建設が元受刑者 受入数が日本一なのはなぜ?

小澤輝真さんの北洋建設が元受刑者さんの

受入数が日本一なのはなぜなのでしょうか?

一般的なイメージとして持たれることが多いのではないかと思うのは

元受刑者さんはその経歴で就職先がなかなか決まらない方

が多いのではないかという心配です。

プロフィールのところでもご紹介させていただきましたが

北洋建設は1973年、

小澤輝真さんのお父さんである

政洋さんによって、母の静江さん(現会長)と

六畳一間から興した会社です。1973年当時といえば、

高度成長期で景気がよく、

建設業はどの現場も人手不足で、

とにかく人を出せばそれだけお金になるような時代でした。

それでお父さんである政洋さんは

会社のすぐ近くにある札幌刑務所を訪ね、

「おまえ、どこに行くんだ?

引き取り手がいないならうちへ来い」と言って、

受刑者を雇い始めたんですね。

 

ですから、北洋建設起業翌年に

生まれた小澤輝真さんにとって受刑者が周りにいることは、

幼い頃からごく当たり前だったんですね。

またそういう小さい頃からの環境に加えて、

小澤輝真さん自身の高校中退後の経験がその後の

元受刑者さんとのかかわり方にも大きな影響を与えているようです。

といいますのも、ご自身の就職時に、バンド活動をされていたこともあり、

頭髪をピンク色に染めていたということで、花屋さんとかに面接に行くも

なかなか面接に受からなかったことから

人は中身は関係なく、見た目だけで判断されるということを

身に染みて分かった。

小澤輝真さんの親が建設業なので、親戚も多く、そういうことを

きちんと考慮すると花屋さんの売り上げも上がるはずなのに

そういうことは評価されず外見だけで判断され、見た目だけで分からない価値が

評価されないということに気付きその後の信念形成に繋がったそうです。

そのようなご自身の経歴が今の北洋建設が

元受刑者さんの受け入れ日本一になることに繋がっています。

スポンサードリンク

3.小澤輝真さんの北洋建設の場所や評判は?

小澤輝真さんご自身はそのようなご自身の

過去の経験や小さい頃からの環境に基づき

元受刑者さんを受け入れる信念や自然なことと思われていますが

会社の周辺の一般の方にとっては、元受刑者さんが

多く集まるという話しを聞くと

それだけで、実情をよく確認しないまま不安に思う方も

おられるのでは?会社のイメージがどのように思われてるのか

心配になり、調べてみました。

北洋建設の場所などの情報です

所在地: 〒812-0888 福岡県博多区板付4丁目6−33

電話: 092-589-0151

 外観

建設会社ということからか、

とてもりっぱな建物ですね~。

会社の周辺の方や北洋建設で働く方などからの評判ですが

周辺の地域の方々などからは

「最初は、元受刑者が働いている事で

近所からのクレームもあったそうですが、

周辺住民からの理解も広がっている」そうです。

日本の出所者の再犯率が約四十八%(平成二十八年版『犯罪白書』)

なのに対し、北洋建設さんでは二割以下となっています。

法務大臣から感謝状も頂いたそうです。

それは小澤輝真さん採用時の北洋建設への就職希望者の

電話や手紙の内容考慮し、反省の気持ちの確認、そして実際に

現地まで出向いて(?)採用を決めるなど、途中からそのような

採用に補助金がでるようになったそうですが、自腹の部分も多く

自分の資産を売却しながらも元受刑者の更生に必要な就職を

サポートしようという姿勢や就職後も続く、生活を安定させるための

衣食住の補助、そして歓迎会や出来るだけ一緒に食事を共にするという

孤立させないという並大抵ではない努力の賜物だと思われます。

そのような対応が父親の代から、母親の対応も含め、周辺地域の方に理解されたこと、

そして、会社の大きなトラブルの時、具体的には

役員が1700万円もの空手形を切って逃げたんです。

この時はさすがに経営が行き詰まり、

母と私は社員たちにこう告げたんですね。

「今月は給料を払えるが、来月以降は無理だ。

会社を畳むから、払えるうちに会社を辞めてくれ」

そうしたら、誰一人として辞める社員はいませんでした。

それどころか、当時7、8人ほどいた出所者の社員から

「給料は要りません。会社が大変なら俺たちが一所懸命頑張ります。

働かせてください」という申し出があったんです。

と従業員の方々から言ってもらえる信頼を気づくところにまでの

信頼関係を構築するまでに至ったのでしょうね。

スポンサードリンク

4.小澤輝真さんの今後は?

 

小澤輝真さんは現在人の助けがないと

生活が困難な状態になっています。

それはお父さんにも発症した脊髄小脳変性症のためです。

小澤輝真さんご自身は遺伝することもある病気ですので、

いつかはと思っていましたが……。

いまは人の助けがないと歩けないまでに病状が進行しています。

余命もあと数年だと宣告されているんです。
でも私はそんなに悲観していません。

この体で取引先などに行くと、

むしろ「病気の体でよく来てくれた!」

と喜んでくれることもあるんですよ。

それに「病気の私がこれだけできるんだから

おまえたちも頑張れ」と社員に言うこともできます。

ですから、悲観するより、病気をどう利用してもっとよい仕事、

受刑者を雇用することの大切さを

社会に知ってもらえるかを考えているんです。

受刑者たちは皆立ち直りたいと思っています。

そしてきちんと働ける環境さえあれば、

皆必ず立ち直る力を持っているんです。

そのために、自分の命が続く限り、

これからも一人でも多くの受刑者を雇用し、社会に貢献していきたいですね。

ご自身の体が自力では自由に動きづらい状態になっているのにも関わらず

悲観的な考えに陥らず、今後も今までと同様以上の

活躍をしよう、元受刑者の方々の立ち直りの手伝いをしようという

小澤輝真さんのお考えや行動は凄すぎますね。

その一部でも良いので見習いたいと思うとともに

小澤輝真さんが今後、少しでも長くお元気で活躍されることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です