肩こりとその解決としての一つの提案

こんにちはTaka-sanです

 

今回、記事としてご紹介したいことは

健康に関してのことです。

特に肩こりなど肩まわりと

それに関わることですね。

スポンサードリンク
 

1. 40代半ばくらいまで

テレビなどで 腰痛、肩こりに

効く貼り薬や飲み薬が宣伝されて

いるのを見かけると思います。

 

あのように宣伝が流れているのを

見ると世間ではよほど、肩こりとかで

悩まされている方が多いのだなと

私もそのうち悩まされる時期が

来るのかと思うとそれだけで憂鬱な

気持ちになるようでした。

 

私はと言いますと

そういう流れとは無縁のように幸運にも

その頃は肩こりに悩まされていませんでした。

 

デスクワークの最中、たまに私に話しかけながら

肩を揉む動作をする方がいます。

そういう人は良く、私の肩を揉みながら

「あれ?ぜんぜん肩凝ってないな~」とか

「仕事してないんじゃない?」とまで

いう人もいるくらいでした(笑

 

仕事してないというのはちょっと極端な

例だとは思いますが、

それくらい肩凝りとは無縁な今から考えると

幸運な状態でした。

 

状況から考えますと、その頃の業務内容的には

デスクワークもありましたが、

現場に行く作業もそれなりにあり、

一日の業務内容の比率としては、デスクワークと

現場作業が半々といったところでした。

2. 40代半ば以降

ところが40代半ば以降、業務内容が次第に

変わるようになりました。

それまでのデスクワーク・現場作業=50 %:50%

であったのに対して、どんどんデスクワークの

比率が多くなっていきました。

特に2~3年前くらいが一番デスクワークの

比率が高かった気がします。ひどい時は昼食時と

帰宅時以外はほとんど机から立つことも、

離席する暇すらないくらいでした。

 

 

そういう状態がしばらく続いていたのですが、

それでも特にそれまでと体調の変化もあまり感じず、

ひたすらパソコン画面に向かって、淡々と

作業を続けてました。

 

ところがそのような状態がどれくらい続いたか

わかりませんが、ある時から急にめまいがするような

状態と肩(特に右肩)から先、腕にかけて、もがれるような

つらい状態になり始めました。

 

今まで経験したことの無いような状態でしたので、

自分ではどのようにしたら良いかわからず、

ですが、あまりにも状態がひどいので、とにかく

医者に行った方がよいかと思い、知り合いに症状を

伝え、どうすべきか相談しました。

 

いろいろ調べて、症状に効きそうなところに

訪ねていきました。

 

この時初めて、整骨院や整体、鍼灸治療等も

受けてみました。

また症状が肩まわり、頭痛ということで

そのころよくニュースで見ていた

コラントッテなども試してみました。

 

ですが、どこを尋ねて、症状を伝えても

明快な原因がわかりませんでした。

 

ただ通院したときは症状が少しは治まる

気がしましたので、通院は続けていた状態でした。

 

ただ、このまま原因もわからないまま

通院していてもあまり効果的ではないと思い

何かないものかと考えているときに

 

ふとどこかで聞いたウォーキングが効果があるかも

という話を思い出しました。

 

そのとき、最近の自分の普段の仕事状況等を考えて

確かにあまりの運動不足が影響しているのかもと思い、

休日のたびに、住居の近くを歩き始めました。

小さいころからどちらかと言えば

体を動かすことの方が多かったことに

比べ、その頃は本当に運動しなくなってましたので、

最初はあまり距離を歩くことができませんでしたが、

 

しばらく歩き続け、休日に一時間から1時間半くらい

歩くようになりました。

 

そういうことを続けていると

あるときから1時間を超えて歩くときくらいから

不思議なくらい肩の状態が楽になる感じがしてきました。

 

何かの本とかで見たわけでなく、全く自分の

実感だけですが、今までと全く異なる

ずーっと座っている状態での作業での

血の巡りが抑圧されていたことで

起こったのではないかと考えています。

 

この状況を実感してからは

業務時間中も同じデスクワークを

続けざるを得ないときでも、

一定時間ごとに離席し、軽く、

ある程度歩くなど意識的に

行うようにすることで

以前のようなひどい状況は

再現しなくなりました。

3. まとめ

以前は全く意識しなかった肩こりや

同じ態勢での継続作業がこんなにも

影響するということが初めて知り驚きました。

 

すべての肩こりの原因がこれと

同じとは限らないとは思いますが、

もし同じような境遇で肩こりになっている方には

効果的かもしれませんので、一度お試しになってみては

どうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です