英語でのコミュニケーションにあたっての課題と攻略方法:前編

こんばんはTaka-sanです

 

今回、ご紹介したいことは

前回に引き続き英語の勉強していて苦労

したことです。

 

英語で、特に口から言葉を発して

コミュニケーションをとるときに

苦労したことをご紹介したいと思います。

 

前回書きました、英作文のところでは

文法的に曖昧な日本語独特の文章を対象として

そのまま英語にすることは非常に難しい

ということをお話しさせていただきました。

 

そのため発想の転換が必要になるということ。

そしてその対応としては

翻訳元の日本語の方を加工して

英文化しやすくすることであると書きました。

 

ただし、その英文化に使用できる基礎的な

英文が頭に入っている、その文章が

適切な場面においてすぐ頭に浮かび

使えるということが前提になります。

 

前回はその部分についてはあまり触れませんでしたが

会話をする上では重要な部分だと思いますので

今回、その基礎的な英文の習得の仕方に

ついて経験したことをお話しさせていただきたく。

 

スポンサードリンク

1. 英会話の必要にせまられるまでの英作文

~ゆったりとした時間の中での英訳~

 

英語に変換するという点に関しては

またしても学生時代の話に戻りますが、

英語の授業の一環として、英作文がありました。

 

その授業のときには、文法の本や、辞書片手に

問題文である日本語の文章を見てそのタイプを分類し、

その分類された日本語の文章に習った英語の文法に

あてはめ、その文章に必要な単語をあてはめ、

英文を完成させるというものでした。

 

会社に入り、英語を話す方がたと直接会う機会が

できるまでは基本的にメールや書面に文章で

書いた文字でのやりとりがほとんどでした。

またその機会も非常に少ないものでした。

 

確かこの場合でもメールを返信するために英作文を

行いますが、この場合は通常の会話の時に要求されるような

一瞬にして伝えたい文章が頭にひらめくような必要はなく、

それなりに時間をかけて文章を作成するという方法で

問題ありませんでした。

 

つまり頭の中では、

「え~と、言いたいことはこういうことだから、

それを英語に変換しようとしたら、

ちょうど良い文法、文型は○○で、

順番的に単語をこう並べて完成だな」

という特に時間の制約もあまりない状態で

ゆったりした感じで文章を作成していました。

 

2. 口頭でのコミュニケーション:問題点

ところが時間が経つにつれてや、担当の業務が

変わるにつれて英語を話す方々と面と向かって

会話をするような機会が増え始める時期が

やってきました。

 

そうなりますと今までのように、一つ一つの

文章を単語や文法に照らし合わせて最初から

組み立てて、考えるというような時間がありません。

 

ましてや英語のことだけでなく、お仕事ですから

お仕事のことをきちんと伝えるためにはどうすればよいか

も考えなければいけないわけです。

そのためには英語という伝達手段をどう使いこなすか

ということだけに意識を費やすわけにもいかないんですね。

 

よく考えてみますと、日本語でコミュニケーションをとるときも

文章を最初から文法的な視点や必要な単語を

各々考えて作り上げるというプロセスは辿ってないはずなんです。

言いたいことがイメージに湧くと同時にそれを

伝えるための日本語もほぼ反射的(無意識のうちと言ってよいくらい)

に思いついてるはずなんです。

 

それが英語に関しては日本語のそのようなレベルにまで

達していないせいか、最初から文章を組み立てる

羽目になり、頭の能力の多くの部分を本来伝達手段で

あるはずの英語の方に費やさざるを得なくなり、

現実のコミュニケーションの早さについていけない

状態になってしまっていたのです。そのため相手方もこちらに

うまく伝わってるのか不安に思いストレスを感じさせてる

というのが相手の表情や話す雰囲気からも伝わって

来ました。

そこで、この状態をなんとかしなければ

いけないと感じるようになりました。

 

次回記事では上記のような問題を

どのように対処したかをご紹介したいと

思います。

本記事後編へのリンク:https://takasanno.com/post-58-58

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です