英語のスピーキングにおける課題と攻略方法:前編

こんにちはTaka-sanです

 

今回、記事としてご紹介したいことは

前回に引き続き英語を現実に活用する

上で苦労したことです。

 

しばらく英語ネタが続いてますが、

私の自己啓発に興味を持ち、行動に移した

最初のものであり、またそれなりに成果が出て

記憶に残っているため書いてるうちに

どんどん当時のことがよみがえってくるのか

最初はそれほど書くことがないかと思っていたのですが

書いているうちに記憶が蘇り

書くことが増えていきますね。

 

今回は英会話において苦労したことです。

つまり口から英語を声に出して話すとき

今までお話しさせていただいたように英会話も

会話である以上、双方向のやりとりとなります。

 

そのためにはまず相手の主張の理解が必須となります。

これは会話におけるインプットの部分です。

その点に関しては以前の記事で記載しました

リスニングとリーディング両方の勉強をしなおす

ことにより改善することが出来たことを

お話しさせていただきました。

 

そして現実の会話としては相手の言い分を

理解したとしても、それは会話の最初のステップであり

次の段階として、アウトプットが必要となります。

 

つまり話すことと書くことですね。

それらによって自分の言い分を相手に

伝える必要があるわけですね。

 

それらのアウトプットにおいて障害として現れる

ことのひとつに日本語独特の文章表現があり、

そのままでは非常に英文化しにくいものが多々ある

ということがあります。

 

それに関して前回の記事にて同時通訳者の方が

書かれた本の内容の実践による解決の糸口を

書き、日本語らしい独特の表現でも

英文化することがしやすくなると書かせていただきました。

 

以上は自分の伝えたいことを相手に伝えるための

事前準備のような段階です。

 

今回はその次の段階として必要になる英文にした

ところまでできた内容を相手に実際伝えるときに

問題となる点についてのお話しです。

 

つまり事前準備によって作成した文章を

言葉として口から出すときに問題となることです。

 

特にネイティブの方を相手に会話したときに

苦労したこととその対応方法について

お話したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

1.本格的に意識して勉強する前までの発音

~お手本も無く、完全な自己流発音・ノーチェック~

 

以前にも書いたと思いますが、学生時代はもちろん

社会人になってからも英語学習の中心と言えば、

リーディング、文章理解でした。

 

与えられた内容を学んだ単語、文法を駆使して

英語の文章を解読し、日本語にするというものです。

 

学生時代の英語の授業中も英語を

使って誰かと英語を声にだし、会話するという

練習もなく、たまに英文解釈の文章を先生が

読みあげる時とかに発音された英語が耳から

入ってくるくらいでした。

 

ただ、その頃の英語の先生も全員が

留学とかされてる方ばかりではありませんでした。

そのため、よくある話として先生の中に

独特な発音をする先生がいて面白いため、

せっかくの発音の機会もそっちのけで、

それをネタに和やかな雰囲気で

授業が進むという感じでした。

 

ですので、作業は基本的には頭の中でのみ

行われ、言葉にして口から出すという

機会はほとんどないということが現実でした。

 

2. 英会話における発音時の問題点

~とくにネイティブの方、相手に通じない~

以上のような状況がずっと続いており、

それは私の周囲の方も同様だったと思います。

(あくまでも私個人の見解ですが)

 

と言いますのも、周りの人から真面目に

辞書に載っている単語の横などにある発音記号などに

ついて議論したりした記憶がほとんどなかった

からです。

 

もし聞かれるとしても発音記号の読み方を

知らない人が発音の仕方を尋ねるくらいのことで

正確な発音の仕方にこだわっている人は

見当たらなかったと思います。

 

そのため、自己流の発音で特に支障を感じなかった

こともあってか発音自体に対してそれほど重要性を感じず、

発音に重きを置いた勉強はしてきませんでした。

 

ところがその影響が出る状況に直面することに

なりました。

 

と言いますのも、英語が必要になったため勉強

したのですが周囲の方は英語を使うといっても、

大多数は日本人であり、日本人以外といえば

このころはアジアの地域出身で英語を話す人の方が多く、

ネイティブの方にお会いするとしてもたまに会議に

ゲストとして、参加されるくらいでした。

 

そう、英語を話す、メイン言語が英語の会議に

参加するようになったと言っても、私が接する方は

英語が母国語であるアメリカ人よりも

アジアの国々の方の方が圧倒的に多かったのです。

つまり非ネイティブの方々です。

 

私の周囲では日本人が発する英語や書いた文章は

ネイティブの人の発音と比較して聞き取りやすい

読みやすいと感じています。

というのも同じような発想に基づいて発音も

文章も認識をしていますので、

外国人が書いたものより、

理解しやすいという印象がありました。

そのため従来の発音でそれほど不自由は感じてませんでした。

ところが、ある時期に業務内容が変わり、

今度はネイティブの方と直接やりとりするように

なってしまいました。

 

その時、初めてわかったことがその方々相手では

私の英語の発音ではまったく通じないのです。

 

最初は、私の話す声が小さいとか周りの雑音で

聞こえなかっただけかな?と思い、

もう少し大きな声で再度話しました。

 

それでもはっきりわかったというような

表情を相手がしませんでしたので、

まだはっきり通じていないと思い、

話す速さが早いかったのかな?

滑舌が悪かったのかな?と思い、今度は

ゆっくり、はっきり再度話してみました。

 

でも相手は「え?」という表情をします。

 

なぜ通じないのかをいろいろ考えたり、

試したりしました。

 

たとえば、私が相手に伝えようとしている

英語の文章自体に何か間違いがあるのではないか?

そう考え、一度相手に伝えようとしている

英語の文章を書きだし、相手に読んでもらいました。

 

すると理解してくれるのです。

 

ということは問題は英単語の読み方か英語の発音にある?

のどちらかに問題があるのかと思いました。

 

ですが、英単語のスペルに対してどう読むかと

いうことは以前のTOEICの勉強した一環で

それなりに改善したと思っていますので、

 

原因はやはり、英語の発音自体にあるのか?

と考えました。今まで軽視していた発音で

コミュニケーションで影響を受ける事態に

陥ってしまいました。

 

以前、TOEIC勉強時にも気づいていたのですが、

英語は母音や子音の数が多く日本語にないものも

多数あります。

日本語では同じように聞こえるものでも

使い方が変われば意味が全く異なることになるものもあります。

 

わかりやすい例としては以下のようなものがあります。

 

ス:英語では「s」と「θ」

たとえば、bus(乗り物のバス) とbath(お風呂)

 

例1:take a bus  :バスに乗る

take a bath :お風呂に入る

 

例2:英語では「s」と「∫」

例えばsheet (紙)とseat(席)

Take a sheet(∫i:t):紙を手に取る

Take a seat(si:t):(席に)腰かける。

 

非ネイティブの方がたを相手に話すときは

それらの違いにはほとんど影響されたことが

なかったような上記の違いでも、ネイティブの方は

きちんと聞き分けるようです。

 

実際はそれほど明確に発音をしわけなくても

相手はその前後の流れとかで時間をかけるか

雰囲気で察してくれてある程度は理解は

してくれることがあります。

そこはやはりビジネスの場ですので、相手側もそれなり

に理解しようと努力していただけます。

 

ですがそのような状態ですと、時間がかかるし

相手に負担を強いてるようで申し訳ない、

ビジネスの場では問題があると思いました。

 

また話しをする双方の立場によってもその状況は

変わると思います。個人的な性格にもよりますが、

ビジネスで相手がお客さん側だったとしたら

お客さんにそんな努力をさせること自体

失礼にあたり、不満のもとになりビジネス自体に

大きな影響を与えかねませんから。

 

そこで発音を勉強しなおさないと

いけないと考えるようになりました。

 

次回の記事ではどういう方法で

対応したのかをご紹介したいと思います。

後編へ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です