松沼寛治(ラグビー)学校やプロフは?成績凄く今後の進路は?未来の日本代表か?【ミライモンスター】

こんにちはtakaです。

今、まさにラグビーWカップが

盛り上がっている最中ですね~。

今回の大会では日本チームが次々と

強豪国に勝ちその注目度がますます上がっていますね~。

今大会をきっかけに、日本でのラグビーの認知度が

一気に上がるのではないでしょうか?

そんな今回のラグビーの日本代表チームが活躍する一方で

ミライの日本代表として注目されている選手がいます。

それが今回(2019年10月13日)放送

ミライモンスターで取材された

松沼寛治さんの登場です。

 

どのような人なのか調べてみましたので

一緒に見ていきましょう

 

以前のミライモンスターの水泳の

記事も以下からどうぞ。

 

スポンサードリンク

1.松沼寛治さんのプロフィールは?

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :松沼寛治(まつぬま かんじ)

年齢 :中学三年生(2004年9月21日)

学校 :東海大学付属大阪仰星高等学校 中等部

所属 :ラグビー部

ポジション:FW (左ロック(LO))

役職 :主将

左ロック(LO)というポジションは

現在の日本代表のメンバーで言うと

トンプソン・ルーク選手と同じポジションですね

出典:https://www.google.com/

ご参考までに、ラグビーでの簡単な

ポジションは以下のような感じです。

出典:http://www.honda-heat.jp/

それぞれのポジションごとに役割が

決まっていて、左ロック(LO)というポジションは

スクラムを組む時に、

プロップとフッカーの後方から押し込む選手です。

左ロックはがっしりとしていて跳躍力があり、

身長の高い選手が向いています。

長身を活かし、ラインアウト時のジャンパーや、

キックオフで蹴られたボールの受け手などを担います。

体型と跳躍力が求められるポジションですね。

2.松沼寛治さんの成績が凄い!?

松沼寛治さんの今までの実績などを振り返ってみましょう

松沼寛治さんは現在中学校三年生ですが、

ラグビーを始めてきっかけに関しては

情報が見つかりませんでしたが

小学生の頃からすでに優秀なラグビー選手でした。

小学校の頃の所属チームは

2017年2月に行われた

第9回ヒーローズカップ関西大会のメンバー表に

松沼寛治君の名前があったことから

尼崎ラグビースクールとおもわれます。

 

松沼寛治さんが現在通われている

東海大学付属大阪仰星高等学校 中等部です。

この学校は

『太陽生命カップ 全国ラグビーフットボール大会』を

3連覇した超強豪校です。

東海大附属大阪仰星高等学校は

ラグビーの名門校として有名で、

ラグビーワールドカップ2019日本代表の山中亮平さんも卒業生です

出典:https://www.google.com/

 

その超強豪校で松沼寛治さんはラグビー部の主将を務めており、

今回、3連覇のかかった大会で

主将としてチームをチームを率いることになります。

過去二連覇を達成した成績も凄いですが、

その強豪校で主将に任命されるということは

ラガーマンとしてのスキルはもとより

人として頼られる、責任感が強いなどが

認められた結果なのではと思います。

ラガーマンとしてのスキルとして

今回の大会でも

決勝戦でも松沼寛治選手のトライを皮切りに

次々とトライを決め、9トライ5ゴールの猛攻で、

55-7の圧勝で優勝し大会三連覇を果たしました。

松沼寛治選手はFW (左ロック(LO))なので

ゼッケン4番です。4番の選手が

見事トライを決めているのがお分かりになると思います。

スポンサードリンク

3.松沼寛治さんの今後の進路は?

現在、東海仰星中学校三年生の松沼寛治さんですが

今後の進路はどうでしょうか?

やはり進学にあたり、ラグビーのことが

念頭にあると思います。

ご自身がスポーツを本格的にされている場合

その分野で、松沼寛治さんの場合、ラグビーの強豪校に

進みたいと思うのは自然な流れなのではないでしょうか?

その点、松沼寛治さんが現在通っている東海仰星は

中高一貫校でしかも強豪校で

内部推薦による入学が可能のようですので

このまま進学するのではないかと思われます。

そしてこのまま才能にさらに磨きをかけ

将来の日本代表として活躍してほしいですよね

 

 

以前ご紹介しましたウエイトリフティング競技の
ミライモンスターの方の記事もよろしければどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です