ラグビーW杯での飲食品などで不足、不満続出!?

こんにちはtakaです。

ラグビーWカップが盛り上がっていますね~。

同僚も先日見に行ったと聞かされ、

私もテレビですが、

オールブラックスの「ハカ」を

見ました。「ハカ」を見るだけでも

何か体の中から熱くなってくるものを感じたくらいです。

そんな中、熱くなる出来事も起きてるようです

その他にも観客の感動を呼ぶ出来事が

せっかく試合で熱くなれるラグビーW杯。

やはり盛り上がるためにはそのための

環境も必要ということですが、さまざまな想定外などが重なり

対応されているようです

スポンサードリンク

1.ラグビーW杯で飲食物持ち込み禁止?

ラグビーワールドカップ日本大会で、

現状では認められていないスタジアム内への飲食物の持ち込み
大会組織委員会が一転して持ち込みを認める方向で

調整していることが、関係者への取材で分かった
スタジアム内で販売していた飲食物の売り切れが続出し、

観戦客から批判が殺到したことを受けた対応

 

ラグビーW杯日本大会組織委員会は23日、

試合会場への食品の持ち込み禁止を緩和し、

個人で消費できる量に限って認めると発表した。

販売する業者の権利保護の観点から規制したが、

20日の日本―ロシア戦(味スタ)などで

食べ物の売り切れが続出。

観客から不満が殺到したためルールを変更し、

この日のウェールズ―ジョージア戦から適用された。

 

ただ一件落着とはいかない。

というのも飲料については持ち込み禁止のままだから

暑さのピークは過ぎたとはいえ、

水分補給は観客の健康に関わる問題。

組織委では販売量を増やすなど対応に追われている

一方で会場内では

原則、スポンサーメーカーの飲料しか販売、

持ち込みができず、簡単に“解禁”できない事情もある

 

2.ネット上の反応は?

 

 

中には来年同じ季節に予想されるオリンピックへも思いをはせる人も

 

 

スポンサードリンク
 

3.ラグビーファンゾーンで生ビール売り切れ?

野球でも球状で可愛い売り子さんが

話題になるほどスポーツと言えば

やはりビール片手に応援という感じになるのではと思いますが

特に、ラグビーでは世界でもその傾向が強いようで

その傾向に注意していたにもかかわらず今回の事態が発生したそうです

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の

パブリックビューイング(PV)が行われる

ファンゾーンの駿府城公園会場(静岡市葵区)で、

大会公式スポンサー「ハイネケン」の

生ビールが売り切れる事態が発生していたことが、わかった。

世界のラグビーファンはビールを片手に観戦する文化が

あることから“ビール不足”への注意喚起がなされていた中での事態

 

それに対して県は

開幕戦の約3倍の生ビールを持ち込む緊急対応を決定。

万全の態勢で28日の日本対アイルランド戦に臨む

28日の日本代表戦を見据え、

15リットルのたるを150本、

量にして2250リットルを駿府城公園の会場に持ち込む方針。

同課の高倉健二課長は

「28日はチケットが手に入らなかった方が殺到すると思う。

第2のスタジアムとしてビールとともに観戦を楽しめるように準備します」

スポンサードリンク

4.観客やネット上の反応は?

22日、日本代表前ヘッドコーチの

エディー・ジョーンズ氏が率いる

イングランド対トンガ戦のPVに訪れていた会社員の方は

「やっぱり生ビールの方がおいしいので残念。

次までに補充しておいてほしい」

 

その気持ちよくわかる気がしました。

 

ラグビー関連の記事も他にもたくさん

合わせてご覧ください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です