ラグビーW杯でなぜおじぎが広まってる?はじまりは?

こんにちはtakaです。

ラグビーWカップが盛り上がっていますね~。

同僚も先日見に行ったと聞かされ、

私もテレビですが、

オールブラックスの「ハカ」を

見ました。「ハカ」を見るだけでも

何か体の中から熱くなってくるものを感じたくらいです。

そんな中、他にも熱くなる出来事も起きてるようです

その他にも観客の感動を呼ぶ出来事が

スポンサードリンク
 

 

1.ラグビーW杯で海外選手のおじぎひろがる

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は22日、

大会3日目を迎え、大阪・花園ラグビー場では

プールBのイタリア対ナミビアが行われた。

途中、土砂降りの雨となるなど悪条件での試合は、

イタリアが47-22で勝利。試合終了後には、

両チームが客席に向かって深々とお辞儀をして挨拶し、

ファンからスタンディングオベーションを受ける一幕もあった。

ナミビアはこの試合で負けたにもかかわらず

観客へ向かってふかぶかとお辞儀をしていました。

 

 

2.なぜ海外選手のおじぎひろがる?

この日のイタリアとナミビアがおじぎをしたことについて

両チームのコメントは

まずイタリアチームから

この日、史上3人目のW杯5大会出場を果たした

イタリアの主将セルジオ・パリセは試合後、

日本式の挨拶を披露したことについて、

目を輝かせながら説明した。

「お辞儀したのは、日本と日本のファンに対する感謝です。

今日は途中から大雨が降ってきたのに、

席を立つことなく80分間、試合を見続けてくれたファンに感激しました

当日は九州付近を北上する台風17号の影響で、

この日はキックオフから強い風が吹いていた。

さらに、前半終了間際から小雨が降り始めると、

後半が始まった頃には土砂降りの雨

その後、雨は止んだが、選手にとっても

観客にとっても悪条件での試合となった。

ナミビアのFBヨハン・トロンプも

「日本に来て以来、本当に素晴らしいおもてなしを

してもらっている。試合でも大きな声援を送ってもらえた。

それに対して、僕たちもリスペクトを示したかったんだ」と話した

スポンサードリンク

3.W杯のおじぎのはじまりは?

21日の南アフリカ戦の後、ニュージーランド代表が

お辞儀で挨拶する姿が話題となったが、

高校ラグビーの聖地、花園ラグビー場でも同様の光景が広がった。

 

おじぎブームのようになっている今回の

ラグビーW杯。そのおじぎブームの

最初と思われるのはニュージーランド代表の

オールブラックス

日本大会は21日、プールBの初戦

でニュージーランド(オールブラックス)と

南アフリカが激突。優勝候補同士の屈指の好カード。

V候補同士のビッグマッチで、

オールブラックスはその強さをまざまざと見せつけた

その試合後に、試合中の凄さにひけをとらない

素晴らしい行為に賞賛が集まりました。

 

勝利の後、スタンドのファンに向けて手を振り、

そしてぺこりと頭を下げた。日本流のお辞儀だった。

このシーンについてリード主将はこう振り返っている。

「できるだけ日本の皆さんと繋がりたい。

私たちを愛してくださっていた。今日も素晴らしかった。

オールブラックスのジャージを

着てくださっていた方もたくさんいた。

そういう思いには応えたいと思いました」

試合前からオールブラックスのユニフォームに

身を包んだファンが多数、列をなした。

そしてまるで、ホームチームのように、

黒い軍団に声援を送った。

日本からの愛は確かに届き、胸を打たれたようだ。

 

 

 

スポンサードリンク

4.見た人の評価は

 

 

 

他にもラグビー関連の感動や盛り上がる記事も

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です