浅利慶太が愛した長野の山荘のおにぎりと特製コロッケの場所や料金・評判は?【サラメシ】

こんばんはtakaです。
今回(2020年9月15日)放送の
サラメシでは

2018年7月に惜しまれながら

亡くなられた浅利慶太さんが愛した

山荘のおにぎりと特製コロッケが取り上げられます。

 

『キャッツ』など多数の演目で有名な

劇団四季創設メンバーの一人で

商業演劇の新たな道を開拓した演出家である

浅利慶太さんが愛した料理ということで

興味があり調べてみましたので
一緒に見ていきましょう

以前放送された、他の芸能人の方の

お気に入りのお店や美人さんのサラメシなど

素敵なサラメシがたくさん

いろんな場所で様々な素敵なサラメシが

今日も食べられているということが分かりますね

スポンサードリンク

1.浅利慶太さん のプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :浅利慶太(あさり けいた)

生まれ:1933年3月16日

出身 :東京都

学校 :永田町小学校(現麹町小学校)

慶應義塾高等学校、

慶應義塾大学文学部仏文学専攻中退

職業 :演出家、実業家

経歴 :特選塾員。慶應義塾評議員

主な受賞歴

1974年・51年 紀伊國屋演劇賞
1976年 芸術選奨文部大臣賞
1984年 テアトロ演劇賞
1985年 アッビアーティ賞
1986年 経済界大賞特別賞
1993年 日本シェイクスピア賞シェイクスピア演劇賞

スポンサードリンク

2.浅利慶太さん の経歴が凄い!?

浅利慶太さんの経歴は

1953年7月、慶應義塾大学、

東京大学の学生を中心に劇団四季を結成しました。

 

主に、ジャン・アヌイやジャン・ジロドゥ等

フランス文学作品を上演していました。

 

その後東京田辺製薬(現:田辺三菱製薬)にて

宣伝・広告などのアルバイトをしながら、

日本テレビの「ジャングル・ジム」の

吹き替えアテレコに劇団として参加しました。

 

劇団四季は、もともとは文化・芸術志向の良質な劇団だった。

60年安保の際には、安保反対の劇団四季の学生もいて、

寺山修司は「安保反対のデモに行きたいという

劇団四季の学生をぶん殴って、

デモへ行くな、俺の演劇こそ世界を変える」と語ったと、

自身の著書で述懐している。だが浅利の右派への転向もあり、

劇団四季は70年代にはミュージカルを

上演する国内有数の商業主義劇団へと変化した。

 

また、1958年には、石原慎太郎、江藤淳、

谷川俊太郎、寺山修司、永六輔、黛敏郎、

福田善之ら若手文化人らと「若い日本の会」を結成し、

60年安保に反対した。だが、後に思想的には保守化する

スポンサードリンク

3. 浅利慶太さんが愛した長野の山荘の場所やアクセスは?

そんな浅利慶太さんの愛した

長野の山荘のおにぎりと特製コロッケというのが

どんなお店なのか興味がありますね~。

情報を探してみましたがなかなか有効な情報が

見つかりませんでした。

 

ある記事の「大町に拠点があるのは、浅利慶太代表の

遠縁の方がいて、四季の稽古場を兼ねた山荘を

建てたのがきっかけです。」との

記事などの断片的な情報から、おそらく四季の

資料館などから近い場所のここかな?という場所が

以下の通りです。

間違ってたらごめんなさい。

番組で情報入手しましたら更新したいと思います

店名:調査中

所在地: 〒398-0001 長野県大町市平上原1955−205(?)



外観

出典:https://www.google.com/

スポンサードリンク

3. 浅利慶太さんが愛した長野の山荘のメニュー・料金、評判は?

残念ながら

浅利慶太さんが愛した山荘のメニュー・料金

評判などの情報が見つかりませんでした。

番組で情報入手しましたら

更新したいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です