柴田千代(チーズ職人)経歴・受賞歴が凄く、年収もアップ!?素敵な笑顔だが結婚は?【情熱大陸】

こんにちはtakaです。

今回(2019年8月4日)の情熱大陸では

千葉県にあるチーズ工房 千(せん)を運営する

柴田千代さんの特集が放送されます

 

プロフィールの写真にもありますが

とても笑顔が素敵な方ですが、

 

ご自身のチーズ工房を立ち上げてからの

わずか2年半でチーズ関係で最高賞を

受賞するほどの戦略的、努力家ですね。

一緒に見ていきましょう

柴田千代さんのお店のチーズ工房【千】に関しては

以下の記事も参考にご覧ください

スポンサードリンク

1.柴田千代さんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :柴田千代(しばた ちよ)

出身 :千葉県富里

年齢 :38歳

卒業校:東京農業大学

所属 :チーズ工房 千(せん)

役職 :オーナー兼 職人

 

2.柴田千代さんのチーズ職人のきっかけ・経歴が凄い!?

柴田さんは小学2年生の時にエールフランスの

整備士である父親に連れられ、フランスに1ヶ月滞在。

そこで、現地のチーズに魅了されたことが

チーズにかかわるようになったきっかけでした。

 

しかし、その後一直線にチーズ職人を目指して進んだわけではなく

一時期は料理人を目指していました。

しかし、高校時代に食品添加物や発がん性物質、

環境ホルモンなどの言葉が世に溢れ返っていたことから、

「食」について深く考える様になる。

そこで柴田さんが目をつけたのが発酵食品だった。

それは、昔から食べられているもので、

毎日適量を食べ続けても体に負担なく、

栄養価の高い物は何かを調べた結果、

その第1位がチーズだったため、

迷うことなくチーズ職人になることを決めたと言う。

このあたりの逞しさすら感じさせる

思考と決断力が随所に発揮されます。

 

しかし、その後、自立した職人までは紆余曲折がありました。

大学当時は北海道が誇る大企業勤めで

白衣を着た研究者を目指すも、その企業の不祥事で

関わった方の状態を見て方向転換。

一人で生きていけるようにと考え、

自立職人を目指すことになりました。

そして、北海道のチーズ工房で二年半、

フランスの農場を一年かけて回り、その間も

ヨーロッパのチーズを食べ歩く毎日。

 

そして、2014年にチーズ工房【千】を立ち上げる。

 

そして、2017年11月1日に開催された

「第11回ALL JAPANナチュラルチーズコンテスト」で、

最高賞にあたる農林水産大臣賞に輝きました。

この時はいろんな面で異例ずくめのことだったようです。

というのも

女性職人として初めて最高賞を獲得したこと。

「チーズ工房【千】sen」を立ち上げてからわずか

2年10カ月での最高賞受賞も、史上最速だった。

工房は柴田さんがひとりで運営しており、史上最もミニマムな規模の経営者だった。

 

その時、柴田千代さんのスピーチが印象的ですね

「田舎でも、女性でも、個人でも、この賞を獲ることができると

証明できたことが、私の一生の誇りです」

 

受賞歴
  • Japan Cheese Award 2016 銀賞 竹炭
  • Japan Cheese Award 2016 銅賞 チーズのオイル漬け
  • 第11回ALL JAPANナチュラルチーズコンテスト

2017 農林水産大臣賞 竹炭 濃厚熟成

  • Japan Cheese Award 2018 銅賞 竹炭 豊熟
  • Japan Cheese Award 2018 銅賞 酒粕のバーニャカウダ漬け

3.柴田千代さんの年収もアップ?

今まで研究所の仕事と二足の草鞋を

履いていた柴田千代さんですが、

2019年の春に研究所のお仕事は

辞められて、チーズ職人としての

仕事に専念するようになったそうです。

 

今まではチーズ職人だけでは、

生計が成り立たないとのことで

研究所務めもされていたということですが、

辞めたということは、チーズ工房運営の

費用等も含め対応できる年収を

稼げるようになったということなのでしょうね。

 

やはり2017年に受賞したことも

かなり大きかったのではないでしょうか?

チーズ工房【千】は月1回の営業にもかかわらず

500個のチーズが売れるとのこと。

柴田さんが販売しているチーズは

1個500円から800円のチーズです。

1個売れるたびに値段の半分が柴田さんの

取り分になるとの事なので、

125,000円〜200,000円がチーズを

販売した時の取り分となります

 

さらに柴田さんの作るチーズには最高賞を

受賞したほどの実力がありますので、

千葉や東京のレストランにも出したいと言う店舗もあるみたいです。

そこからの収入もありますし、後はネット販売でも収入があります。

 

色々収入源がある中でトータル的には月50万以上の収入があるのではないでしょうか。

そう考えると年収は最低でも500万円以上は

稼がれているのではないかと思われます。

スポンサードリンク

4.柴田千代さんの素敵な笑顔だが結婚は?

出典:https://www.google.com/

今回調べてて感じたのが

柴田千代さんの笑顔の素晴らしさですね。

プロフィールの写真も素敵ですが

上記の写真!チーズつくりの最中の

写真と思われます。

おそらく、自分が考えていたことが

うまくできた瞬間の写真ではないかと思いますが

とても素敵な笑顔で印象的な方ですね。

 

チーズ職人になるときも、こうと決めたら

全力前進する行動力にこの笑顔、

ご結婚されてるのか気になりますが、

情報が見つかりませんでした。

ですが、おそらくされてないのではないかと

推測します。チーズ工房を立ち上げるまでは

修業でいっぱいいっぱい。その後工房を

立ち上げてからはおひとりで切り盛りされ

しかもお父さんが入院等で見舞いなど

お世話もされており、また後継者教育など

もされているので、とてもそんな余裕はないように思われます。

5.柴田千代さんのまとめ

柴田さんはいわゆる「職人肌」というよりも、

「開拓者」という言葉がしっくりくる。

女性としての生き方、職人としての働き方の選択肢を提示し、

チーズの可能性を拡げる先駆者だ

彼女は手仕事の大切さや命の大切さを子どもたちに伝えたいと、

工房を開いてから毎年、ゴールデンウイークに50人の子どもたちを招待して、

モッツアレラチーズを手作りする「寺子屋」を開催している。

これを20年続けて、工房の名前と同じ数、

合計1000人の子どもたちにチーズ職人の仕事の魅力を伝えようという取り組みだ。

「1000人の卒業生の1人か2人でも、

次の世代にその時代に合う寺子屋を開催してくれれば私の挑戦は達成です!」と話す。

しかも、「最終的にチーズを日本の文化に変えていきたい」

ぜひ、目標が達成できるよう期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です