高橋典子(セブンルール/漁師)の経歴は元県職員!?転身の理由、彼氏や年収は!?

こんにちはtakaです。

今回(2019年10月22日)の

セブンルールでは

岩手県の高橋典子さんが

取り上げられます。

高橋典子さんは岩手県で

漁師をされている方で

しかも前職が岩手県職員さんという

ユニークな経歴の持ち主。

 

どのような方なのか興味が湧き調べてみましたので

一緒に見ていきましょう

スポンサードリンク

1.高橋典子さんの経歴は!?

出典:https://accounts.google.com/

プロフィール

名前 :高橋典子(たかはし のりこ)

年齢 :27歳

出身地:花巻市大迫町

卒業校:山形大学

所属 :マルカツ水産

職業 :漁師

趣味:釣り、浜のパトロール、ダイビング、ソフトクリームを食べること

好きな食べ物:果物、魚(なんでも)
休日の過ごし方:釣り、ダイビング、お昼寝、大迫に帰る
好きな本や映画:プラダを着た悪魔、ハリーポッター

高橋典子さんは岩手県の内陸部・花巻市で生まれ育ちました。

2011年、東日本大震災が発生した当時は、

故郷を離れて山形県の大学に在籍しており、

「テレビで岩手の沿岸部の映像を見て

衝撃を受けたことを覚えている」そうです。

卒業後は「地元の役に立ちたい」と岩手県庁に入庁しました。

もともと高橋典子さんは好奇心旺盛なようで

そのことを示すご自身のインタビューのようなものもありました。

知らない世界がわかるって、楽しい!

そのことに気づいたのは、中学時代の社会の時間。

先生が面白くて、

いろんなことが覚えられる歴史が好きになって、

勉強も悪くないなって思うようになったんです。

私、生まれ育った大迫町が大好きで、

当時は地元のために働く公務員になるのが夢

いずれ地元に帰ってくるなら、

若いうちに故郷とは全然違う海外に行って、

知らない街並みを見たり、

いろいろな人種の人たちに会ってみたいと思って、

好奇心が未知の世界に向かっていったんです。
高校は異文化を学ぶ国際科学学系コースへ進み、

大学では国際関係論を専攻して、民族紛争を研究しました。

世界で活躍する公務員を目指す道も考えましたが、

大きな国際紛争も元をたどれば

小さな地域の問題から生じるもの

地域課題を解決する地方公務員という選択は間違っていない、

そう思って岩手県職員になったんです

 

2.高橋典子さんの転身の理由は?

前述のような考えで入庁した

高橋典子さん。てっきりそのまま

県職員として地域に貢献する道を

突き進むのかと思いきや

運命とはなかなかそう単純にはいかない

面白い出会いというものあるようです。

高橋典子さんの場合は

入庁後の最初の赴任地でそのような

幸運(?)な出会いがありその後の進路を

決定づけたようです。

 

岩手県庁に入庁後の初任地の大船渡市で、

震災から立ち上がろうとする漁業関係者たちの姿を見て、

自分もそれを一生の仕事にすると決意。

4年間勤めた岩手県庁を退職、水産会社に入社

 

予測不能な将来のほうが、人生は面白くなる

大船渡地域振興センターでは

まちを活性化する仕事に携わっていたのですが、

県職員になって2年目の時に綾里地区の

イベントに参加したんです。

そこで出会った漁師さんの話が面白くて

土日になると毎週のように浜に通うようになって。

ホタテやホヤの養殖を手伝ったり、

定置網の船に乗せてもらったりするうちに、

自分の努力が獲物として返ってくる漁師という仕事に、

魅力を感じるようになりました。
県職員の仕事も楽しかったんですが、

その先の人生がだいたい見えたんですよね。

でも、漁師になった自分を想像したら、

どんな将来になるのか全然わからない。

そこがね、いいと思ったんです

先の読める人生より、

どんなに大変でも想像もつかない人生の方が、

ひととして成長できるんじゃないかって

県職員4年目に一度本庁に戻ったのですが、

どうしても綾里の人たちのことや

漁のワクワク感が忘れられなくて…決めました。

人生は短い。

だったら、体力があるうちに好きなことをやろう。

大好きな漁師になってやろう。

きっぱりと県職員を辞め、綾里の浜に舞い戻りました。

プロフィールの写真のとっておきの笑顔は

このような決断をして自分が楽しいと思って決めた道を

進んでいる人の心の底から湧き出る楽しいことに

出会えることの喜びを感じている方の笑顔なのですね。

スポンサードリンク

3.高橋典子さんの彼氏や年収は!?

そのようなある意味男前な決断で漁師になった

高橋典子さん。

だから、県職員を辞めて後悔したことは一度もないそうです。

むしろここには、自分の手で仕事を切り拓き、

自分の居場所をつくっていく楽しさがあります。

最初は「どこの嫁だ?」と尋ねられるばかりでしたが、

最近はようやく漁師と認めてくれる人も増えて、

「どのくらい獲った?」と聞かれるようになりました。

まだまだ半人前ですが、おばあちゃんになった時に

浜で一番の漁師になることが夢。

まずは、漁師の家に嫁いで、

自分の船を持つことが目標なんですが、

その前に結婚相手を探さないと…ですね(笑)

このようなインタビューがありました。

この記事は割と最近の物と思われますので

まだご結婚や彼氏さんもいないのではないかと思われます。

年収につきましても調べてみましたが

高橋典子さんご自身の詳しい情報はわかりませんでした。

ですので代わりと言ってはなんですが

参考になるかと思い、漁師さんの平均年収を調べてみました!

一概に言えないかと思いますが年齢別などで

状況を調べてみました。

20代の漁師の平均年収:450~570万円
これはあくまでいろんな漁の形態を含む漁師さん

全体の推測年収です。

高橋典子さんは漁師になってまだ2年ほどの見習い漁師ですので、

もしかしたらこれらの平均的な金額より

年収は低い場合も考えられますね。

 

4.高橋典子さんの今後は!?

 

高橋典子さんの今後に関してですが

先ほども一度書きましたが

まだまだ半人前ですが、おばあちゃんになった時に

浜で一番の漁師になることが夢。

まずは、漁師の家に嫁いで、

自分の船を持つことが目標なんですが、

その前に結婚相手を探さないと…ですね(笑)

とのこと。

10年後の大船渡とご自身の理想は?
_浜は変わらず船のエンジン音と

漁師の笑い声が聞こえていて、

私は漁師と結婚していること。

これからチャレンジしてみたいこと、目標は?
_目標は一人前の漁師になっていて若い男に負けないこと。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です