竹本勝紀(銚子電鉄 社長)は秘策・まずい棒などで経営不振脱出!?【カンブリア宮殿】

こんばんはtakaです

今回(2020年6月11日)放送の番組【カンブリア宮殿】では

カンブリア宮殿【絶対に諦めない鉄道会社

なんでもありのサバイバル経営術】というテーマで

銚子電鉄が取り上げられ、

その社長さんの竹本勝紀さんが出演されます。

 

竹本勝紀さんは銚子電鉄の

社長さんとして有名な方ですよね~。

 

創業以来、何度も廃線の危機に陥りながらも、

その度、土俵際で踏ん張り続けてきた。

今回訪れた最大の危機を

ジリ貧鉄道会社はどう凌ぐのか…?

危機に立ち向かうヒントが見えてくる

どのような方なのか調べましたので

一緒に見ていきましょう

スポンサードリンク
 

1.竹本勝紀さんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :竹本勝紀(たけもと かつのり)

生まれ:1962年

出身 :千葉県木更津市

学校 :慶應大学経済学部

慶應義塾高校

所属 :銚子電気鉄道株式会社(社長)

竹本税務会計事務所(税理士)

千葉科学大学(加計学園の関連校)の

非常勤講師として

財政学・マーケティング論などを担当。

趣味 :乗り物に乗る

趣味が乗り物で乗り物の電車の会社の社長って

ある意味、夢をかなえたような感じでしょうか?

スポンサードリンク

2.竹本勝紀さんの経歴が凄い!?

竹本勝紀さんと銚子電鉄道との関わりは

最初、顧問税理士として関わり、

その後社外取締役に就任し、

社長さんへとなったようです。

千葉県内の税理士事務所に勤務の後

独立2009年に竹本税務会計事務所を設立

2005年より銚子電鉄道顧問税理士となり、

銚子電鉄顧問税理士から2012年代表取締役に就任。

2016年電車の運転免許証を取得、

なんと社長自ら運転シフトに入っている。

スポンサードリンク

3.竹本勝紀さんと銚子電鉄

1923年銚子遊覧鉄道として開業、開業から4年で廃業。

第一次世界大戦で鉄の値段が高騰したため、

線路を売却して債務を返済し、

残りは資本家へかえした。

 

開業から四年で廃業ということも凄いですが

その後の復活した理由も凄いですね。

運が向いてるのか向いてないのか分かりませんね。

 

その後、線路跡の活用方法として考えた結果、

バス専用路線として展開。しかし業績が振るわず断念。

その後再び鉄道としての需要が高まり、

もう一度鉄道としてやろうじゃないか

ということで253名の社員で鉄道路線として再スタートした。

スポンサードリンク

4.銚子電鉄の秘策はまずい棒!?で経営不振脱出!?

銚子電鉄は前述しました開業当初からの

歴史の通り、何度もの経営難をのり越えてきました。

 

一度でも経営難を乗り越えてきたこと自体

注目される対象となると思いますが、

銚子電鉄の注目されるべき点は

その乗り越え方、手法、手段ですね。

 

通常、銚子電鉄のような鉄道会社であれば

沿線開発、観光を主眼にした内容での

キャンペーンなどが思い浮かぶかと思いますが

銚子電鉄はそれらと全く異なります。

 

会社の収入を上げるために、地元のぬれ煎餅に目を付けた。

ぬれ煎餅を始めたのは平成7年。

地元のぬれ煎餅をはじめは簡単だと思い始めたが、

しかし非常に難しく、

ひたすら焼いては食べてを繰り返し開発に精を出した。

さらに売り上げを上げる為、

ホームページで呼びかけて成功し売れるようになっていった。

当初は「儲け」よりも会社存続の願いを込めて

続けたところ銚子電鉄を代表する商品になっていった、

時代と共に味も変えている為現在も開発は続いている。

 

だんだん元の会社が何をしていた会社なのか

分からなくなっていくかも知れない感じの継続性ですよね

 

4種類のまずい棒
代表するぬれ煎餅の他に、

経営がまずいにシャレでかけている「まずい棒」があり

「まずいもう一本」がキャッチフレーズになっていて、

売り上げ本数120万本突破しています。

その他にも

クラウドファンディングで500万を集め映画も作成したそうです。

ほんとに思いつく限り何でもやるって感じですよね~。

 

ここまで徹底的に何でもやるっていうところも

少ないのではないかと思いますね。

 

大正時代から電車を走らせていて、

電車運行に必要不可欠な変電所が老朽化の為

壊れそうになっており40年以上も使っている

変電所がいつ壊れてもおかしくない、

そしてそれによっていつ電車が止まってもおかしくない。

なので 「電車を止めるな」ということ。。。

映画の売り上げは変電所の改修費用に当てたい

 


このような内容をけん引しているのが

社長の竹本勝紀さん。

私の勝手な思い込みかもしれませんが、

税理士さんはどちらかと言えば、保守的な

イメージをもっていたのですが、

でここまで何でもありの内容を

推進するということに非常に驚きを感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です