竹内善之(パン職人)のプロフ・経歴やフロイン堂の場所、特徴、購入・通販や評判は?【情熱大陸】

こんばんはtakaです。

今回(2021年1月17日)の情熱大陸では

88歳の米寿にして現役のパン職人、竹内善之が

登場。パン屋さんはハードなお仕事の

イメージがあるのですが、88歳で現役とはスゴイ。

パン激戦区・神戸で89年間愛され続ける

『食パン』を作り続けているそうです。

「パン作りは私にとってラジオ体操みたいなもの。

毎日かかさずやり続けるんです」そう笑う

 

どんな方なのか興味が湧き

調べてみましたので

一緒に見ていきましょう!

スポンサードリンク

1.竹内善之さんのプロフィールや経歴は?

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :竹内善之(たけうちよしゆき)

生まれ:1932年

出身 :兵庫県神戸市出身

職業 :パン職人

所属 :「フロイン堂」

サラリーマンだったが、先代だった父が亡くなり、

38歳で店を継いだ。

現在は3代目である息子とともにパンを焼く。

休日は家でパソコンを駆使しリモート会話や囲碁に興じる。

スポンサードリンク

2.「フロイン堂」の場所は?

竹内善之さんが二代目を務め、

パン激戦区・神戸で89年間愛され続ける『食パン』を作る

パン屋さん「フロイン堂」の場所などの情報は以下の通りです。

 

店名:「フロイン堂」

所在地:〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本1丁目11−23

出典:https://www.google.com/

アクセス:阪急岡本駅から徒歩3分

岡本駅から64m

営業時間:9:00~18:00(売り切れ次第終了)

定休日:日曜日、祝日、第1・3水曜日、不定休(SNSにて告知)

営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

新型コロナウイルス感染拡大により、

営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。

ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

予約・お問い合わせ:078-411-6686

スポンサードリンク

3.竹内善之さんのパンの特徴は?

竹内善之さんのパン屋さん「フロイン堂」がある神戸市東灘区岡本は

言わずと知れたパン激戦区。

 

その生き残ることが難しい激戦区で

89年間、愛され続けるパン屋さんが竹内善之さんのフロイン堂です。

 

その特徴はしっかりとした外側とは裏腹に中はふわっと軽く、

また、鼻に抜ける小麦の香りが実に香ばしい。

 

そんな絶品を作っているのは、去年米寿を迎えた竹内善之さん。

 

フロイン堂の2代目店主です。

 

今も店の厨房に立ち続ける88歳は、

先代からの製法と味を守り続けている。

生地はミキサーを用いてこねるのが一般的だが、

竹内は全て手でこねる。

手から伝わる、粘り気や硬さ、温度などの繊細な情報を基に、

こねる時間や水分量を調整して最高の生地を作り上げていく

そしてもうひとつ。

竹内の食パンで欠かせないもの、それがパンを焼く窯だ。

戦争でも阪神淡路大震災でも壊れることなく、

今なお現役の、通称「奇跡の窯」。竹内の相棒だ。

竹内の手によって育てられた生地を、

最高の食パンに焼き上げてくれるそうです。

戦争も阪神大震災も潜り抜けるタフな

窯から作られるふわっとした食感の

パンって凄そうですね。

スポンサードリンク

4.竹内善之さんのパンの購入・通販は?

出典:https://www.google.com/
食パン(1/2本)390円
田舎パン(大)700円
あんドーナツ    170円

田舎パン

食パン

出典:https://www.google.com/

 

購入。予約:

予約可:当日9:00より予約受付開始

スポンサードリンク

5.竹内善之さんのパンの口コミ評判は?

パン激戦区・神戸で89年間愛され続けていることだけでも

竹内善之さんのパンの評判は良いと分かると思いますが、

竹内善之さんのパンの口コミ・評判を一つご紹介させていただきます。

岡本の宝

食パンを求めて、11時過ぎの訪問。
店頭に「食パンあります」の札がない。
「出遅れたか!」と焦ってお店の人にたずねると、「食パンは2時と4時に焼きあがります」とのこと。
4年ぶりの再訪だったのですっかり失念していた。

今日は一人分のお昼ご飯なので、ちょうど焼きたてのベーコンエピ(190円:税込)とカレーパン(230円)にした。
食パンもそうだけど、ここのパンの生地は表面がバリバリザクザクっとしているのに、中身は良い香りがしてもっちりしている。
スリムなベーコンエピはちゃんと全部のパーツにベーコンがバランス良く入っている。
カレーパンは初めていただいた。
揚げてあるので紙袋には油が染みており、そちらに油が吸収されたのか、あるいはザクザクした衣がないせいか、あまり油っぽくない。
もっちりニュ~ンと伸びるような生地に、カレーがたっぷり。
やっぱりフロイン堂のパンは美味しいなあ。

食パンは以前から二分の一斤でも販売されていたが、今は三分の一斤でも販売してくれるなんて、親切過ぎる。
当面は18時に閉店されるとのこと。
予約しておいても仕事帰りには間に合わないのが残念。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です