鶴岡裕太は母の一言でニートからBASE社長に?年収がスゴイ? (カンブリア宮殿)

こんにちはtakaです。

みなさんは鶴岡裕太さんをご存知でしょうか?

2022年4月21日放送予定のテレビ東京番組

「カンブリア宮殿」にて特集される予定の、

今大注目の若手創業家です!

 

鶴岡裕太さんはネットショップ作成サービス

である株式会社「BASE」の創業者であり、

2012年、当時わずか22歳での創業となりました。

 

創業以降、多くの飲食店や農家がサービスを利用し、

現在に至るまで凄まじい成長を遂げています!

 

そこで本記事では、そんな鶴岡裕太さんについてまとめてみました。

気になるプロフや、経歴、そして年収について記載します。

 

1.鶴岡裕太さんのプロフィールをご紹介!

まずは鶴岡裕太さんのプロフィールを下記に紹介します。

出典:https://www.google.com/

プロフィール

・1989年12月28日生まれ 現在32歳

・大分県出身

・大分県立情報科学高等学校 出身

・東京工科大学在学中に株式会社「CAMPFIRE」にてインターンを経験

・インターンで出会った家入一真さんとともに複数のネット事業を展開

・2012年株式会社「BASE」をリリース 現在CEO

・2014年 東京工科大学中退

・2016年 Forbes が選ぶ「アジアを代表する30歳未満」の小売り&Eコマース部門に選出

引用元:Wikipedia

鶴岡裕太さんは学生時代にクラウドファンディング・プラットフォーム

「CAMPFIRE」を運営するハイパーインターネッツ社

(現: 株式会社CAMPFIRE)のエンジニアインターンを

経験し、そこで出会った家入一真さんとともに

出典:https://www.google.com/

寝る間を惜しんでBASEの開発に明け暮れていたそうです。

 

その後、BASEを利用して簡易的に安価でネットショップを

開設しようとする飲食店や工場、農家などの利用者が続出し

、ついには起業して会社となりました。

 

BASEでの出店料は無料で、わずか数分で店を作成して

オープンできるという手軽さは本当に革新的ですね!

 

2013年4月までに1万店舗の開設が当初の目標でしたが、

わずか1カ月で目標の1万店舗を達成したそうです。

 

会社が軌道に乗って、2014年にはなんと大学を中退してます。

覚悟を感じますね!

しかし、その覚悟の甲斐あってか、今となってはBASEは

マザーズに上場するような大企業にまで成長しました。

最近ニュースでもよくBASEのインパクトのある

音楽と香取慎吾さん出演のユニークな

コマーシャルを見かけますもんね。

スポンサードリンク

2.ニートだった鶴岡裕太さんは母の一言で異色の経歴に!

既に紹介したように鶴岡裕太さんの経歴は

素晴らしいですが、他にも異色の経歴があります。

 

BASEの開発やその後の目標達成までの早さなどを

見ますと、挫折などを感じることの無い

エリート街道まっしぐらのような印象を受けるかもしれません。

 

しかし、その学生時代は意外なもののようでした。

大分県で過ごした中学生時代、引きこもりになって

しまったそうです。

 

引きこもりの理由にも色々あると思いますが

鶴岡裕太さんの場合は特に理由もなく、一度休んだら

休み癖がついてしまったそうです。

 

きっかけを失うとなかなか元には戻れないってことありますよね。

 

さらに婦人服屋を営む母親からも特に学校に行くようには言われなかったこともあり、

日々インターネットをして過ごして遊んでいたそうです。

 

お子さんが引きこもりになると親は心配で

どうやったらまた学校に通ってくれるようになるのか?

と考えるかと思ったのですが、鶴岡裕太さんのお母さんは

違ったようですね。結果的に強引に登校を進められなかったことが

良かったのでしょうか?

 

引きこもり中に母親と鑑賞した劇団四季のミュージカル

に感動し、誰かを幸せにする仕事が良い仕事だと思うように

なった鶴岡裕太さん

 

そんな折、大学在学中に母親の言った

「ネットショップを開設したい」という一言が

今のBASEに繋がるきっかけになったようです。

 

といいますのも当時のネットショップ開設サービスは、

使い方が煩雑でコストや時間がかかるため

普段ネットショップを開く作業をしない

鶴岡裕太さんの母親のような方には扱えなかったそうです。

 

そこで、誰かを幸せにする仕事をしたいと考えていた

鶴岡裕太さんは、自分で「お母さんも使える」簡単で

気軽にできる出店システムを作り上げました。

 

まさかあのBASEのきっかけが母親の一言だとは驚きました。

普段私も母親から自分でできないことを

頼まれごとをする機会がありますが

そんな何気ない日常の困りごとの中にこそ、

新たなビジネスのチャンスがあるのかもと思わせる

出来事かもしれませんね。

 

引きこもり時代に支えてくれた母親への恩返しが

結果的に多くの人を幸せにする仕事、つまり良い仕事

に繋がったんですね!本当に素晴らしい経営者ですね!

スポンサードリンク

3.気になる鶴岡裕太さんの年収とは?

さて、そんな鶴岡裕太さんですが、気になるのは

年収ですよね!

なにせ、2013年4月までに1万店舗の開設が当初の目標でしたが、

わずか1カ月で目標の1万店舗を達成したほどの

まさに破竹の勢いのBASEの社長さん。

 

きっと起業家が憧れるような年収に違いない!

と自分にはできないが故の勝手な期待が

かなり入ってますが・・・

 

実際に調べてみたところ、BASE

株式会社の有価証券報告書によれば役員報酬の

総額は7245万円で、4名だそうです。社長は

そのほかの役員の2倍程度の給与が一般的です。

 

つまり、7245万円の2/5倍で2898万円ほどが

鶴岡裕太さん個人の年収だと思われます。

 

32歳(2022年4月時点)の若さで3,000万円弱の

年収って凄いですよね。

 

BASEのビジネス形態は今後もまだまだ成長していく

会社だと思いますし、年収も上がっていくと

予想されます!

これからもますます楽しみですね。

もしかするとまたお母さんの困りごとから

新たなビジネスが生まれたりするやも知れませんね。

スポンサードリンク

4.まとめ

本記事では、鶴岡裕太さんについてまとめてみました。

今後も日本のネットビジネスを牽引して、

より便利で、より安価なシステムを作って欲しいです!

 

みなさん、ぜひこれからも応援しましょう!

ご拝読ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です