上田美和(屋久島高校演劇部顧問)プロフ・経歴や結婚は?なぜ全国2位に【セブンルール】

こんばんはTakaです。

今回(2021年1月5日)放送の

セブンルールでは

屋久島高校演劇部顧問の

上田美和さんが登場します。

上田美和さんは

部員わずか1人…廃部寸前だった

屋久島の演劇部を

全国2位に導いたという

スゴイ高校演劇部顧問なのです。

 

どのような方か気になり調べてみましたので

一緒に見ていきましょう

スポンサードリンク

1.上田美和さんのプロフィール

出典:https://www.google.co.jp

プロフィール

本名 :上田美和(うえだ みわ)

年齢 :48歳(2021年1月時点)

出身 :鹿児島県

卒業校:不明

所属 :屋久島高校

役職 ;国語教師、演劇部顧問

前職 :出版社勤務(約2年間)

スポンサードリンク

2.上田美和さんの経歴

大学卒業後に出版社に2年間勤務後、

鹿児島県公立高校の国語教師になりました。

 

今回のセブンルールで

「部員わずか1人…廃部寸前だった

屋久島の演劇部を全国2位に導いたという

スゴイ高校演劇部顧問」

ということから学生時代から

演劇にハマってて、そのまま社会人で

国語教師で赴任した学校で演劇部の

顧問を自分から買って出たということなのかな?

と思っていました。こんな実績を残すのであれば

それなりに長期間かけて学ぶ必要あると思うじゃないですか?

 

でもそれは私の勝手な想像で、

鹿児島本土の高校で、演劇部の顧問に抜てきされたことで、

高校演劇の世界に魅了されたそうなのです。

言ってみれば、それまで演劇の素人ともいう状態の先生が

演劇の全国大会ともいうべき舞台で全国二位に輝くなんて

まさにドラマともいうべき状態ですよね。

スポンサードリンク

3.上田美和さんはなぜ全国2位にまで導けたのか?

上田美和さんは出版社勤務ののちの

国語教師として高校初任時から

演劇部の顧問として抜擢され、指導に当たるようになります。

 

そして、顧問の上田美和先生は創作脚本賞を

受賞する快挙を成し遂げたこともあるということから、

演劇そのものに関しては高校赴任時までは

素人に近かったということかもしれませんが、

その素地として出版社勤務や国語の教師として

赴任ということですので、脚本など作成に関しての

ベースとなる教養や、魅了されたものに対して

ひたむきな情熱を注ぎ続けることができるということが

全国二位にまで育て上げるということにつながったのでは?と思われますね

 

初任校で書いた『トシドンの放課後』は、

後に全国の高校で上演される代表作となるほどまでになりました。

この作品が評価され高校演劇の世界で一躍有名になったことがあったそうです。

しかし、その後その作品を超えるものを生み出すことができないまま

長い時間が過ぎてしまいました。

 

その一方、演劇大会に出場する離島の高校の演技を見て

「もし離島に赴任したら本土に負けない舞台を作ってあげたい」と感じていた。そうです

 

しかし、屋久島高校で演劇を教え始めると

そのひたむきな島の子供たちの姿に、日々驚かされ、

「いくらいい脚本ができても、演技が伴わないと、上位には行けない」と

感じはじめました。

そして、屋久島高校の生徒たちの他の高校生とどこか違う

「嘘を嫌い、おごり高ぶらず、虚飾をしない。

どこに出しても落ち着いていて、佇まいそのものに品格がある」所作が

脚本と相まって、優秀賞を得る結果に繋がった。

そして先生自身の全国へ行きたいという

夢をかなえてもらえる結果にもなりました。

スポンサードリンク

4.上田美和さんの結婚は?

上田美和さんは演劇の大会が近づくと

自宅に帰れないほど多忙な日々なのだそうです。

そんな上田美和さんの楽しみは家族への電話ということです。

「家族への電話?」とはどういうこと?と思いますが、

上田美和さんはご結婚されお子さんもいらっしゃるようです。

ご結婚がいつ頃か分かりませんが、

夫(旦那さん)とお子さんは本土(おそらく鹿児島県?)に

残して、上田美和さんは単身赴任中なのだそうです。

お子さんなどの情報がが番組などで入手できましたら

更新したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です