渡部茂(明海大学教授)「イグ・ノーベル賞」受賞テーマは「五歳児の唾液の量」?

こんにちはTakaです。

みなさん、イグノーベル賞(Ig Nobel Prize)ってご存知ですか?

私は全く知りませんでした。ですが仮にも

『ノーベル賞』という言葉がついてることから、

さぞかしすごい賞ではないかと思いました。

確かにすごいことはすごいのですが

普通の学問分野で行われる賞という

言葉からの想像とは一味も二味も

違うユニークな賞のようです。

今回(2019年)その「イグノーベル賞」を受賞した

渡部茂(わたなべしげる)さんのお話しです。

スポンサードリンク

1.渡辺茂プロフィール:

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前       :渡部茂(わたなべ しげる)

生年       :1951年生まれ

職業 :歯学者、歯科医師

経歴       :

1977年:岐阜歯科大学卒業

同大学助手、

東日本国際大学講師

助教授を経て

1995年:明海大学教授に就任

 

所属団体
日本歯科医学会日本小児歯科学会 理事
日本歯科薬物療法学会 理事
日本障害者歯科学会 代議員
日本小児口腔外科学会 理事
国際歯科研究学会国際歯科研究学会日本部会 評議員
日本咀嚼学会 評議員

書籍: 渡部茂の10時間講義やさしく学べる子どもの歯

受賞歴 :

2019年:イグ・ノーベル賞受賞

受賞内容:5歳児の唾液の量が

1日約500ミリ・リットルであることを明らかにした

受賞内容のこの部分だけを聞くと

確かにそれが一体何の役に立つのかすぐには

理解できませんね。

この点に関しては後述することにします

 

2.渡部茂とイグノーベル賞(Ig Nobel Prize)

創設:1991年科学ユーモア雑誌の編集者、

マーク・エイブラハムズにより創設。

賞の意味:イグノーベルはノーベル賞と

「恥ずかしい、不名誉な」(Ignoble)の掛け合わせ造語

受賞対象:「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」が対象

賞   :賞状(紙切れ)と適当に作ったトロフィー、

賞金として10兆ジンバブエドル(紙幣一枚)

ちなみにパン一つが2000億ジンバブエドルだそうです。

 

過去受賞内容:参考までに受賞の一部は下記です。

渡部茂さんは化学分野での受賞です。

見ていただくとお分かりかと思いますが、

いずれも普通の方では思いつかない、思いついても検証しようと

ほとんどしないようなかなりユニークな内容ですね~。

他の受賞内容

工学賞:乳幼児用のおむつ交換機を発明したことに対して。

 

経済学賞:どの国の紙幣が危険な細菌を

    伝搬するのに効果的かを検証したことに対して

 

平和賞:かゆみを掻くことで得られる快感を

    測定しようとしたことに対して

これは非常に気になる研究ですね。

心理学賞:ペンを口にくわえると人の表情が笑顔になり、

その笑顔で気分が幸せになることを発見したと思いきや、

そうではないことを発見したことに対して

 

物理学賞:ウォンバットがなぜ、どのようにして

     立方体型の糞をするのかを研究したことに対して

 

 

調べてみて思いましたが、ぜひ授賞式に参加してみたいですね。

賞の説明の度にまさに「はぁ?」という

意味の言葉がいろんな言語でいわれてるような気がします(笑

スポンサードリンク
 

3.渡辺茂教授と受賞(研究)内容

受賞理由は,「一般的な5歳児の一日に

生産される唾液の総分泌量を見積もったことに対して」です。

複雑な機器は使わず、子供が紙コップの中に

吐いた唾液を量るという地道な取り組みが評価された

渡部さんたちは5歳の子供30人に協力を求め

食べ物をかんでいる時と何もしていない時でそれぞれ5分間、

紙コップに唾液を吐いてもらい、その量を調べた。

それぞれの唾液の量と、子供が1日に費やす食事の時間と

それ以外の時間などを基に、

1日の唾液の量は約500ミリ・リットルと割り出し、

論文にまとめた。

12日の授賞式の場には渡部さんと、

長男の潤さん(41)ら3人の息子がそろって登壇。

出典:https://www.google.com/

渡部さんが「どうやって唾液の量を測定したか、

お見せしましょう」と語ると、

潤さんたちが一斉に唾液を紙コップに吐き、

会場は笑いに包まれた

この実験にたびたび参加していたという。

論文を発表した1995年頃、虫歯予防に

重要な役割を果たす唾液の研究は少なく、

論文は今も世界中の研究者が引用しているという。

私は息子さんたちが実際に唾液の量を測定する

風景も面白いと思いますが

それ以上に受賞風景写真の渡部茂教授の

後に写っている全身銀色の人物の

方がよほど気になりますが

みなさん、気になりませんか?

この風景一つとっても

通常ノーベル賞ではありえない雰囲気という

ことが分かるような気がしますね

 

 

4.まとめ:

イグノーベル賞はそのようなユニークな賞ですが、

日本人の受賞は今年で13年連続とのこと。

今回の渡辺茂教授も笑わせようとして研究したわけではなく

ご自身の興味を持たれた内容が皆、素朴な疑問を

持ったことがあるかもしれないけれど

過去どなたも研究されていない分野だったということ。

歯学者の渡辺茂教授にとってはお子さんの歯を守るための

ごく自然な流れの研究対象だ経ったと思います。

私の認識ではこういうユニークな発想はどちらかと言えば

日本人は苦手な分野だと思ってました。外国の人達と比べて

劣ると思ってたユーモア、ユニークさの分野で評価されることは

新しい他の分野への活躍が非常に期待ができ、

頼もしい限りだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です