吉野彰(旭化成)ノーベル化学賞!経歴や研究内容、年収は!?

こんにちはtakaです。

ノーベル賞受賞の季節になり

動向が注視されていましたが

化学賞が決まり記者会見が開かれているそうです

 

スポンサードリンク
 

1.吉野彰さんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

プロフィール

名前 :吉野彰(よしのあきら)

出身 :大阪府吹田市

生まれ:1948年1月30日

卒業校:京都大学工学部

所属 :旭化成

役職 :名誉フェロー

1970年 – 京都大学工学部石油化学科卒業。
1972年 – 京都大学大学院工学研究科石油化学専攻修士課程修了。
1972年 – 旭化成工業株式会社(現旭化成株式会社)入社。
1994年 – (株)エイ・ティーバッテリー技術開発担当部長。
1997年 – 旭化成(株)イオン二次電池事業推進室 室長。
2003年 – 旭化成フェロー就任。
2005年 – 論文博士にて大阪大学で博士(工学)の学位取得[7]。
2005年 – 旭化成(株)吉野研究室 室長。
2017年 – 名城大学大学院理工学研究科 教授。
2019年 – ノーベル化学賞を受賞

電気化学を専門とする日本のエンジニア、研究者。

大阪大学博士(工学)、旭化成名誉フェロー。

携帯電話やパソコンなどに用いられる

リチウムイオン二次電池の発明者の一人

スポンサードリンク
 

2.受賞内容は?

化学賞は近年、たんぱく質や遺伝子など

バイオ系の受賞が増えているが、

人類の生活を変えた発明も大きなテーマ。

なかでもスマートフォンやノートPC、

デジタルカメラなどに欠かせない

リチウムイオン電池が大きな注目を浴びている。

リチウムイオン電池はもともと、

米テキサス大オースティン校の

ジョン・グッドイナフ教授が基礎研究を進め、

複数の日本人の研究開発により商品化した。

旭化成の吉野彰・名誉フェローは実用化に

必要な技術を開発し、国際的な賞を相次いで受けている。

グッドイナフ教授のもとで研究に携わった

東芝の水島公一エグゼクティブフェローや、

世界で初めて商品化させた

西美緒(よしお)・ソニー元上席常務の評価も高い。

3.記者会見の様子は?

出典:https://www.asahi.com/

知らせを受けて、東京都千代田区の旭化成本社に

待機していた報道陣の前に現れた吉野さんは、

「めでたく2019年のノーベル化学賞を

受賞いたしました。どうもありがとうございます」と話した

 

スポンサードリンク

4.賞金や年収は?

スウェーデン王立科学アカデミーは9日、

今年のノーベル化学賞を、リチウムイオン電池の開発で、

旭化成名誉フェローの吉野彰(あきら)氏(71)や

英オックスフォード大教授だった

ジョン・グッドイナフ氏(97)らに贈ると発表した。

賞金は900万スウェーデンクローナ(約1億円)

吉野彰さんご自身の年収を調べてみましたが

残念ながら情報はありませんでした。

参考に旭化成の職種別の年収シミュレーション例を

記載します。

 

吉野彰さんは旭化成の名誉フェローや

名城大学大学院理工学研究科 教授の職も

つかれていますので少なくとも1,500万円以上

はあるのではないかと思われます。

今回のノーベル賞受賞でまた何か

プラスがあったりするのでしょうか。

しばらくは今回の受賞で忙しくなると思いますが

今後のさらなる活躍を期待します

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です